トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 保険の入れ歯との違い

保険の入れ歯との違いについて

保険の総入れ歯は、柔らかい入れ歯は保険診療の範囲で作ることが可能です。では、なぜ当院が保険の入れ歯をおすすめしないのでしょうか。その理由はいくつかあります。
まず最初に、大きな違いは、入れ歯を専門に勉強してきた先生、そして製作する技工士の知識の違いだと思います。

長い歴史を持つドイツの入れ歯の技術を学ぶために、先生や技工士は沢山の専門的な知識を身につけてきました。できる限り、患者様が当院の入れ歯を長く使っていただくために、あらゆる視点から設計をします。

患者様の歯の状態はみんな一緒ではありません
骨の状態、神経があるかないか、歯の本数、位置などによってすべて違います。保険治療では決められたルールの中でしか設計することができず、決してベストな設計ではないことを知っていただきたいと思います。

そして、材質の問題があります
保険の総入れ歯は、柔らかいレジンで作られている為、食べ物やコーヒー、タバコの汚れを吸い、樹脂内部まで汚れや臭いが染み込み、口臭の原因になることがあります。また、人工歯は既製のプラスチック製で、天然歯のような固さや溝がないため、歯ぎしりすることが難しく、また見た目にも入れ歯だとわかりやすいです。

次に、製作に費やす時間の問題です
上下の型を別々に取ったものを、保険専門の技工所に送ります。技工士は患者さまの姿を見ることなく、材料もなるべくリーズナブルなもので製作します。ここでは、口の筋肉や歯肉の形状などは一切考慮されていないため、残念ながら吸着力が弱く、外れやすい入れ歯であることが多いです。

当院の入れ歯には、材質、製作共にこだわりがあります
当院の自費による入れ歯では、材質、製作共にこだわりをもって作っております。
患者さまにとって一番良い材料を使います。

精度の高いイボカップシステム
まず材質は、吸水性の低いものを使用し、臭いが染み込んだりしないので衛生的です。なぜなら、製作方法は、イボカップシステムという精度の高い方法で、2トンもの圧力を常にかけ、薄くても、強度があり、吸水性が低い入れ歯を作ることができるからです。

天然歯に近いリヒテシュタインイボクラー社の人工歯
人工歯はリヒテシュタインイボクラー社のものを使用し、天然歯と同じような機能で、たくさんの色から選んでいただけます。しっかり歯の溝もついているので、食べ物をすりつぶしたり、歯ぎしりすることも可能です。

院内に技工士がいるため細かな微調整にも素早く対応
当院に併設の自費専門の技工所で、先生と技工士が共同作業で患者さまにピッタリの入れ歯を作っていきます。院内に技工士がいるため細かな微調整にも素早く対応出来ます笑ったり、歌を歌ったりと、大きな口を開けるほど、筋肉が入れ歯を支えて吸着します。他人に入れ歯と気づかれることも少なく、発音も綺麗にできるようになります。

日本の保険入れ歯は、外国では使われていません

現在、日本の保険で作られる入れ歯はクラスプという金属のバネをつかったものです。クラスプと歯は密着していますが、接着はしていません。

そのため入れ歯が動くと一緒に歯を動かしてしまい、ゆっくりと歯を抜いてしまう力が加わってしまいます。バネで歯を支えているため、口の中で入れ歯は常に動いてしまいます。

私たち歯科医師が歯を抜歯するとき、歯を横に揺らしてから歯を抜きますが、保険の入れ歯の場合、同じことをクラスプがしてしまうのです。

日本の保険入れ歯は、ドイツでは使われていません
 ▲保険適用の部分入れ歯。金属バネが歯に負担をかけ、見た目もよくありません。

ドイツでは、クラスプによる治療方法はすでに歯科大学の授業から外され、歯のために良くない、古い方法とされています。

写真で見る、保険診療の入れ歯と上下顎同時印象法の入れ歯の比較

小さい方の入れ歯は保険で製作した入れ歯。大きい方は上下顎同時印象法で製作した入れ歯です。
写真で見る、保険診療の入れ歯と上下顎同時印象法の入れ歯の比較

同じ人の入れ歯とは思えませんが、同じ人です。製作方法の違いによってこれだけ変わってしまいます。

保険の入れ歯は粘膜の型とりだけするため、このような小さい入れ歯になりがちです。入れ歯はお口の中で動いてしまうし、もしかしたら飲み込んでしまうかもしれません。

上下顎同時印象法により製作する総入れ歯は、お口の中すべての情報を記録し、再現できます。

保険の入れ歯と上下顎同時印象法による入れ歯の違い

保険診療の範囲内で作る総入れ歯と、自費治療による上下顎同時印象法で作る入れ歯には、大きな違いがあります。

当然、材料や手間をかけると保険診療の範囲では、完璧な入れ歯は作れません。ここで、保険診療で作成した総入れ歯と、上下顎同時印象法で作成した入れ歯の違いをご説明いたします。

従来の入れ歯:上下の顎を別々に型取りをするデメリット
 1:口を開けて上下の歯の型を別々にとるため、口の中に装着すると誤差が生じ、
  その結果、患者さまの来院回数(6回~10回位)が増える
 2:機能している時の口のまわりの筋肉、舌、唇の記録がとれない。
 3:食事をするときの状態、つばを飲みこむことができない。
 4:上下の顎に平均した圧力がかけられない。
 5:医師の圧力による型取りのため、患者さまの口内の圧力と異なる。
 6:医師の手による圧力であるため、患者さまが噛んだときの圧力と異なる。

当院の入れ歯:上下顎同時印象法のメリット
 1:精密な型取り、噛み合わせの記録、上下顎の高さ、位置の記録を一回で行うため、
  従来のように何回も来院する必要がない。※来院回数はわずか3回で完成
 2:噛み合わせの高さを記録しながら、型取りをするため理想的なバランスがとれる。
 3:型取りの間に、つばを飲み込み、その動きを採ることができる。
 4:型取りをした模型をそのまま、咬合器に装着するため誤差がない。
 5:患者さま自身の圧力によって、口のまわりの筋肉、舌、唇の記録をとることができる。
 6:人工歯が筋肉のバランスのとれたところに並べられる。
 7:従来は入れ歯の歯肉の形を舌の奥の方に伸ばしていたため、舌が動くと
  外れていたのが、上下顎同時印象法による入れ歯は舌の前のほうを利用するので
  外れなくなる。そのため、つばを飲んだり、発音がしやすくなる。
 8:入れ歯の歯肉を作る方法(重合)も保険の方法とはまったく違う精密な重合方法
  (イボカップシステム)で行うため、ウォーターフィルム現象(ガラスの板と板の間
  に水を介在させるとぴったりくっついて離れない状態)を得ることができ、維持が大変によい。
 9:骨が極度に薄い場合、これまでは難症例とされてきたが、新しいシステムでは
  口のまわりの筋肉、唇、舌による維持を期待できるため影響が少なく、とてもよい
  結果が得られている。
10:ドイツのカボ社の咬合器を使用することにより、医師と技工士の連携がしっかりできる。
  ※咬合器=かみ合わせの器械

カテゴリー一覧

入れ歯の無料相談を行っています

入れ歯の無料相談を行っています

トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 保険の入れ歯との違い


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP