トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 入れ歯のメンテナンス

定期的なメンテナンスで、入れ歯も残った歯も長持ち

メンテナンスで、入れ歯も残った歯も長持ち歯の健康を維持し、できるだけ長く入れ歯をお使いいただくためには、予防が必要です。毎日の歯ブラシをすることはもちろん大切ですが、定期的に歯科医院で歯をクリーニングすることをおすすめします。

超音波スケーラーで歯ブラシで落とせない汚れの除去
歯科医師、歯科衛生士による歯のクリーニングは超音波スケーラーという特殊な器具を使って汚れを除去します。特に歯垢に唾液中のカルシウムが付着してできる歯石は、歯ブラシなどの通常のお手入れでは落とすことができません。

特に異常がなくても定期的に、歯科医師、歯科衛生士にみてもらい、クリーニングを受けることが、むし歯や歯槽膿漏になるのを予防し、歯に対する関心も高まり、口の中に注意をはらうようになります。これが結果として歯の健康によい影響をもたらします。

逆に歯科医師の健診をうけたことがない人は、重大な異常にも気づくことが遅れ、歯周病(歯槽膿漏)になったとき、すでに手遅れ、といった危険性が高くなってしまいます。

入れ歯の場合、快適に噛めるとメンテナンスなんて必要ない、と思われる方がいらっしゃいます。しかし、汚れが溜まると口臭の原因になったり、見た目もよくありません。特に部分入れ歯の場合、メンテナンスをしないと、土台になっている歯が歯周病になって抜けてしまいます。

稲葉歯科医院のリーゲルテレスコープは抜けてしまったとしても修理ができますが、普通の保険治療の入れ歯では、残った歯が抜ける度に作りなおしが必要になります。 そのため、歯を一本でも失わないためにも、定期的なメンテナンスが大切です。

安心してメンテナンスをうけて入れ歯を長持ちさせるか、歯を失いながら何度も作りかえるのとどちらがいいでしょうか?

大切な歯を守るために、入れ歯を快適にお使いいただくために、3か月に1度のメンテナンス(定期検診)を受けることをおすすめします。

※メンテナンス費用は、1回につき12,000円です。

メンテナンスの手順をご説明いたします

メンテナンスの手順をご説明いたします1.まず患者さまのお口の中の様子をお聞きします。

次へ
2.次にすべての歯を一本ずつ拡大鏡をつかって、虫歯がないか確認します。特に歯と歯の間はむし歯ができやすいので、フロスを使い確認します。
次へ
3.超音波の器械を使って歯の表面の歯垢(プラーク)を除去します。歯と歯肉の隙間(ポケット)が深いところは、衛生士がスケーラーという道具を使って丁寧に除去していきます。
次へ
4.着色のある歯の汚れをとって器械で磨いて仕上げます。
次へ
5.すべての歯に歯間ブラシを通して、歯肉をマッサージします。
次へ
6.最後に、衛生士から、歯磨きの指導などのアドバイスがあり、ご希望によりフッ素を塗布します。

入れ歯の場合は、超音波洗浄にかけ、着色のついた歯は綺麗に磨き、壊れていないかチェックします。当院のリーゲルテレスコープは、メンテナンスにきちんと通えば一生ものの入れ歯です。

また、ご自分の歯は生涯を充実させる財産です。人工の歯はいくら高い技術でつくられたとしても天然の歯にはかないません。1本でも多くの歯が健康に保たれるように、私たちがお手伝いできたら嬉しいと思っています。

カテゴリー一覧

入れ歯の無料相談を行っています

入れ歯の無料相談を行っています

トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 入れ歯のメンテナンス


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP