トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 症例紹介

テレスコープシステムによる症例のご紹介

ここでは、テレスコープシステムを使って治療した例をご紹介いたします。

患者さま当院の患者さまで、上あごをリーゲルテレスコープ、下あごをコーヌステレスコープで治療をした患者さまがいらっしゃるのですが、なおしてから一番最初に気付いてくれたのは、お孫さんだったそうです。

「おばあちゃん、歯がきれい!」って何度も言ってくれるそうです。

稲葉歯科医院に来院される前は、紹介で歩いて30分かかる歯科医院に3年間かけて治療されていたそうですが、かむことができなかったといいます。当院での治療に期待をされてきたそうですが、治療が終わって、期待以上だったとおっしゃってくださいました。

「食事をするとき、かむと痛いというのは、いくら説明しても誰もわからない」ととても深刻でしたが、リーゲルテレスコープをいれて、前歯ってこんなに使うと思わなかったです。とうもろこしもおしんこも食べることができます!」とおっしゃっていました。

患者さまが喜んでいただく声が私たちの診療の何よりの励みになります。 

【テレスコープ】難症例がリーゲルテレスコープで噛めるように

【リーゲルテレスコープの症例】
「かめない・・・・」といらっしゃった、マグネットのついた部分入れ歯を入れた患者さま。たしかに手で取り外しができるぐらいの接着力で、これでは食べ物をすりつぶす力
簡単にずれてしまうと思います。

リーゲルテレスコープは、入れ歯の中に小さな鍵のようなものが組み込まれたものですその鍵の開閉によって入れ歯を着脱します。食べ物をすりつぶす力ではけっしてはずれません。

リーゲルテレスコープの症例とても難しい症例です。上の歯は前歯だけしか残っていなくて簡単な歯が入っていました。問題は下の歯です。前歯のすり減りがはげしく、後ろの歯は極度に骨が吸収しているのがわかります。

食事をすることができなくなってしまい、入れ歯はすぐにこわれてしまうとのことで、非常に困って来院されました。
次へ
とりあえず、今使っている歯を補強して修理をしました。かみ合わせの平面もずれていたため、左右対称にそろえました。上の歯も仮の歯を入れたところです。この時点で患者さまはかめることに非常に喜ばれました。
リーゲルテレスコープの症例

リーゲルテレスコープの症例 ワックスで模型診断をしたあと、上下の歯をリーゲルテレスコープで治すことになりました。下の写真は精密な型取りをしたところです。


次へ
出来上がった上下のリーゲルテレスコープです。
リーゲルテレスコープの症例
リーゲルテレスコープの症例
左が鍵(リーゲルレバー)が閉じている状態で、右が開いた状態です。

指で簡単に鍵を開閉することができ、閉じると舌で触っても全くわからなくなります。とりはずしができるブリッジのようなイメージです。

歯の部分はセラミックで作ったため、審美的にもとてもきれいに仕上がりました。お口の中に入れると、金属の部分は見えなくなります。

※Webサイト内でご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、
実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

重度歯周病と入れ歯についての症例

上顎レジリエンツテレスコープ、下顎リーゲルテレスコープの症例歯周病とお口のにおいが気になって来院されました。ご自分でも悪いのがわかっていて、一大決心で当医院をおとずれれた。とおっしゃっていました。


次へ
上顎レジリエンツテレスコープ、下顎リーゲルテレスコープの症例残念ながら前の歯はグラグラ、どうしても保存ができなかったため、歯を抜かせていただきました。


次へ
上顎レジリエンツテレスコープ、下顎リーゲルテレスコープの症例抜く前に、入れ歯を修理して歯が抜けてもそのままにならないようにしました。前の歯は仮の歯を作り、上あごの部分を補強し、かめるようにします。

通常、歯を抜いてしまうと、ないまましばらく過ごさなくてはいけませんが、それでは、患者さまの生活に支障があります。そのため困らないように事前にきちんと治療計画をたてておきます。
次へ
上顎レジリエンツテレスコープ、下顎リーゲルテレスコープの症例上あごは2本歯を抜き、4本を利用してレジリエンツテレスコープ、下あごは残っている本数は多いのですが、歯槽膿漏がすすんでいて歯がぐらぐらしていたため、すべて固定、連結できるようなリーゲルテレスコープで治療をすることになりました。


次へ
上あごに内冠を接着させて、その上にレジリエンツテレスコープをはめます。
上顎レジリエンツテレスコープ、下顎リーゲルテレスコープの症例
次へ
下顎は内冠を連結して歯がぐらぐらしないように固定し、その上からさらにリーゲルテレスコープで固定。
上顎レジリエンツテレスコープ、下顎リーゲルテレスコープの症例
次へ
上顎レジリエンツテレスコープ、下顎リーゲルテレスコープの症例お口の中に入れ歯を装着したところ。見えるところはすべて白く、入れ歯であることが他人に気がつかれません。


上顎レジリエンツテレスコープ、下顎リーゲルテレスコープの症例
上顎レジリエンツテレスコープ、下顎リーゲルテレスコープの症例


この入れ歯を入れて患者さまは大変喜んで下さり、知らない人にでも笑って話しかけにいきたくなるとおっしゃっていました。今まで笑ったり、話をすることにコンプレックスをもっていたとのこと。

毎回メンテナンスのときに素敵な笑顔でお話をされるのを見ると、私たちもとってもうれしく思います。

※Webサイト内でご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、
実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

【初診】
●「入れ歯がゆるくてかめない、動くから痛い・・・・」
●「人前で話をするのがおっくうになる」

という理由で来院されました。

歯に対して、とても劣等感があるともおっしゃっていました。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

痛くなく、食事が楽しめて、劣等感をなくしたい。という切実な希望により、上下顎同時印象法による総入れ歯で治すことになりました。

【第1回目の型取りをしました】
模型にしたものと、以前使われていた入れ歯を比べてみると、入れ歯、本来のスペースよりもだいぶ小さく作られていて、筋肉によるサポートがほとんどないことがわかりました。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯
この模型をもとに、精密な型取りをするための道具をつくります。
次へ

【2回目の来院です】
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯下の写真はゴシックアーチといって、顎のうごきの記録をとるものです。顎の動きは正常でした。


次へ
上のトレーを使って、上下を一緒に精密な型取りをします。このとき、同時にからだの正中に対する顎の位置の記録、かみ合わせの高さも同時に記録します。

型取りの最中に、つばを飲み込んでもらうことで、食事をしているときのお口の中の筋肉の状態が再現されます。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯型取りをしたあと、その人の肌の色、顔の形を見ながら、人口の歯を選びます。


次へ
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯たくさんの情報を、咬合器というかみ合わせの器械に移します。この模型で、入れ歯を作ります。


次へ
入れ歯が完成する前にワックスで形を作り、人工の歯をすべて並べた状態で、チェックします。このとき、発音、適合、審美性など、こまかく確認をします。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯
次へ
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯重合はイボカップシステムで行います。ワックスを硬い材料にかえます。


次へ
入れ歯が完成、お口の中に入れたところです。 フルバランスドオクルージョンというかみ合わせの誘導をつけています。咬合器の情報がそのままお口の中でもしっかり合っていました。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

入れ歯を入れた後、数回の調整を行い、患者さんはこの入れ歯を自分の体の一部にしてしまいました。発音がしっかりできるようになったことも喜ばれていました。

※Webサイト内でご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、
実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

カテゴリー一覧

入れ歯の無料相談を行っています

入れ歯の無料相談を行っています

トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 症例紹介


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP