トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 噛める・笑える総入れ歯 » お口の中を、完全コピーする方法とは?

お口の中を、完全コピーする方法とは?

「飲み込む」ときの口内の動きまで考えて作ります
私たちが食事をするとき、お口の中の筋肉がどのように働いているか、ちょっと想像してみてください。つばを飲み込むとわかりやすいと思います。当院の総入れ歯はこの「飲み込む」ときの口内の動きまで、考えて作られています。

つばを飲み込む状態なんてどうやって型取りをするのだろう? と思われるでしょうが「上下顎同時印象法」では型取りの最中につばを飲んでもらいます。これは、上下別々で型取りをしていた従来の方法では絶対に不可能です。

thirties03.jpg

もちろんこの最終的な型取りをする前の準備があります。あらかじめ、入れ歯の高さ、中心があっているかどうか、左右が対称であるかどうか確認して、オーダーメイドのトレーを作成しておきます。

舌が自由に動けるように
従来の入れ歯の形は、より安定させるため下顎の舌の後ろ側に長くのばしていましたが、これには欠点があります。舌が動いていないときは入れ歯がはずれないのですが、舌が少しでも動き始めると入れ歯がはずれてしまうのです。これでは、安心して舌を動かせません。

それに対して「上下顎同時印象法」による新しい入れ歯の形は、舌が自由に動けるように様々な工夫をしております。

また、歯が抜けると、骨が薄くなります。そこをおぎなうのが床(ピンク色のプラスチック)ですが、この床の面積を大きくするほど、入れ歯もよく吸着します。

あなたの入れ歯はいかがですか?
頬の筋肉の力のサポート、唇のサポート、そして舌のサポートにより、入れ歯は吸着し、そのバランスが保たれているところに人工歯を並べると、とてもよい入れ歯ができあがります。

perio02_1.jpg

このバランスが合っていないと、笑ったときに下の歯しか見えなかったり、噛み合わせが低くて顔がつぶれたように見えたりします。笑ったときに歯だけ見えるのが理想的な入れ歯の形です。

≫English page

総入れ歯専門サイトを開設しました。
詳しくはこちらをご覧ください。


トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 噛める・笑える総入れ歯 » お口の中を、完全コピーする方法とは?


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP