トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 30代の方の入れ歯 » 少しでも長く自分の歯を残すために

少しでも長く自分の歯を残すために

当院の部分入れ歯、テレスコープ義歯は支える歯をほとんど揺らすことがありません。 むしろ、連結することで、歯の寿命を延ばすことができる入れ歯です。

少しでも長く自分の歯を残すための大切なポイント
●出来る限り、弱い歯も含めて全体的に固定してあげること。
 (歯は左右に揺れる力に弱いです。動かないように固定する必要があります)
●歯のかみ合わせを整えてあげること。
●歯を動かさないような部分入れ歯を入れること。

入れ歯を入れたらどのような点に気をつけたらいいでしょうか?
こういった質問もよく耳にします。治療後の注意も気になる点ですよね。やはり、定期的なメンテナンスが大切になります。 ご自分ではどうしても磨ききれない汚れなどは、歯科医院にて綺麗に磨いてもらいましょう。かみ合わせも全体で噛めて、部分入れ歯に強い負担がかからないようにチェックしてもらうといいと思います。

入れ歯の相談は友達同士ではなかなか難しいかもしれませんが、歯科医院でしたら出来る限り相談にのることが可能なので、大丈夫ですよ。


メールでの相談も受け付けております。

どうぞお気軽に連絡いただければと思います。

ドイツ式テレスコープ義歯のご紹介
患者さまの声(30代の方の感想文もあります)
入れ歯 無料相談


トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 30代の方の入れ歯 » 少しでも長く自分の歯を残すために


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP