トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 院内技工所 ラボ・インテック » 院内技工士 高木清隆先生

院内技工士 高木清隆先生

2,000人以上の患者さまの入れ歯を作っている大ベテラン技工士
院内技工士 高木清隆先生もう30年以上前の頃のことになりますが、高木先生は、稲葉繁(現・顧問)が文京区伝通院で稲葉歯科医院に勤務したことがきっかけで、以来、ずっとテレスコープ義歯の技工を専門にしてました。

これまでに2,000人以上の患者さまの入れ歯を作っている大ベテラン技工士です。一度作れば、修理しながら長く使っていただけるのがテレスコープ義歯の長所ですが、たまに修理などで患者さまが来院されるときも、すぐに顔を思い出せるそうです。

得意としているのは、ドイツの入れ歯テレスコープ義歯
高木先生が得意としているのは、ドイツの入れ歯テレスコープ義歯です。テレスコープ義歯は製作時間がかかりますが、それだけやりがいがあると言います。

院内技工士 高木清隆先生なかでも好きなのはリーゲルテレスコープとしており、全顎だと自分で色や形を作りやすいし、出来上がった時の達成感があると言います。

稲葉繁先生によって、ドイツから日本に紹介されたテレスコープ義歯を、一番身近で、直接指導を受けた、いわば正統派の技術で、現在ではIPSG学会のデモ講師を務め、全国の先生方に技術を広めています。

彼がいてくれることで、ドクターも安心して患者さまの歯の技工を任すことができます。


トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 院内技工所 ラボ・インテック » 院内技工士 高木清隆先生


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP