トップへ » 入れ歯をお考えの方に » テレスコープ義歯の種類について » 精密で長持ちする部分入れ歯、「テレスコープ」とは?

精密で長持ちする部分入れ歯、「テレスコープ」とは?

実は、歯科治療先進国・ドイツでは、「テレスコープ」という入れ歯を使っています。これは、保険の部分入れ歯と違い、歯に引っ掛ける金属のバネを使わず、「はめこみ式」の装置を使った入れ歯のことを表します。

諸外国の中でも入れ歯においてもっとも技術が進んでいるとされる、
ドイツの入れ歯テレスコープ義歯

当医院では諸外国の中でも入れ歯においてもっとも技術が進んでいるとされる、ドイツの入れ歯テレスコープ義歯を取り入れています。

テレスコープの入れ歯の歴史は1886年に始まり130年以上の歴史があります。その間、ずっと改良、進化し続けて現代にいたっているため、非常に精密で、歴史のある入れ歯として世界的に高い評価を得ています。

IMGsiori_8994-1024x683.jpg

一度作ったら、修理しながらずっと使うことが可能
費用はかかっても質の高い、長持ちのする治療を受ける、ドイツ人の考えから生まれたものです。 日本では合わなかったり壊れたりすると何度もつくりなおしをしますが、このドイツの入れ歯は一度作ったら、修理しながら患者様に長く使っていただくことができます。

当医院の顧問、稲葉繁先生がはじめてドイツからリーゲルテレスコープを紹介してから35年以上となりますが、当時治療した患者さまの入れ歯が、30年たった今もご自身の一部として使っていただいている方もいらっしゃり、ドイツ人の入れ歯の技術の高さがわかります。

当院のテレスコープ義歯
●リーゲルテレスコープ
●コーヌステレスコープ
●レジリエンツテレスコープ

ドイツではたくさんの種類がありますが、当院ではリーゲルテレスコープ、コーヌステレスコープ、レジリエンツテレスコープという方法でほとんどすべての症例に対応することができます。

<患者さまの声>

当院のテレスコープ義歯で治療をされた45歳男性の患者さま
自分が想像していた以上のモノでした

レジリエンツテレスコープで治療をされた59歳男性の患者さま
もっと早くに伺ってたらと後悔しました


トップへ » 入れ歯をお考えの方に » テレスコープ義歯の種類について » 精密で長持ちする部分入れ歯、「テレスコープ」とは?


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP