トップへ » 入れ歯をお考えの方に » テレスコープ義歯の種類について » レジリエンツテレスコープ

レジリエンツテレスコープ

レジリエンツテレスコープは残っている歯が4本以内(片顎)の場合に適応されます。

少ない本数だからこそできる審美的に優れた入れ歯
レジリエンツテレスコープ 少ない本数だからこそできること。それは、口元を自由に作れることです。 歯を失うと、骨が吸収して、口元がへこみ、老けて見られることがあります。レジリエンツテレスコープは、内側から自然なボリュームを出すことができるため、ほうれい線を目立たなくさせる効果もあります。

aesthetic01_1.jpg

残っている歯には負担がかからない 

レジリエンツテレスコープの維持力は歯ではなく粘膜のため、ほとんど残っている歯には負担がかかりません。

1b9d0236e6d88a5382a92cf0f3d26ba73e3be2d7-thumb-470xauto-10434.pngのサムネール画像

レジリエンツテレスコープの内冠と外冠は、粘膜の沈み込みに合わせて200ミクロン、隙間をあけて作ります。残っている歯が数本になった場合でもレジリエンツにすることにより、歯をできるだけ長持ちさせることができます。

万が一歯を失ってしまっても、簡単な修理でそのまま長く使っていただけることができるという優れた面もあります。残っている数本にクラスプをかけてしまったら、抜けるたびに作り直しが必要です。患者さんは精神面でも疲れてしまい、時間の無駄にもなってしまいます。

夜取り外す必要もない
もちろん、夜取り外す必要もないことが患者さんは喜ばれます。ドイツの歯科医師は、夜はめたまま就寝するように指導しています。当院の義歯を使用している患者さん」も「入れ歯が体の一部になっているから外すと不安です。」とおっしゃいます。

阪神大震災の時、夜義歯を置き忘れて食事ができなくなった人がたくさんいた。という話を聞いたりします。夜何があるかわかりません。もうひとつの理由として入れ歯を入れて就寝をすることは鼻呼吸になるため口も乾きにくく、呼吸も楽になります。

インプラントと比較すると
歯をすべて抜いてインプラントにすると、上下合わせて800万から1.000万円もの費用がかかる場合もあり、骨にも負担がかかります。それに比べたら、レジリエンツテレスコープにして、できるだけご自分の歯を残すことができたほうがずっと素晴らしいと思いませんか?

私は、歯の本数が少ない方に関しては、インプラントよりも口元から自然なボリュームを出すことができるレジリエンツの方が審美的にも衛生的にも優れているのでは・・・・・と思います。

しかも理想的に歯を配列できるため、審美的にもとっても優れていて、患者さまには大変く喜んでいただいております。

IMG_8264-1024x683.jpg

レジリエンツテレスコープは、患者様から大変喜んでいただいており、当院で1番行われている入れ歯です。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

▼レジリエンツテレスコープとは?

<患者さまの声>

レジリエンツテレスコープで治療をされた59歳男性の患者さまの声
もっと早くに伺ってたらと後悔しました


トップへ » 入れ歯をお考えの方に » テレスコープ義歯の種類について » レジリエンツテレスコープ


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP