トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 入れ歯と顎関節症 » 入れ歯が原因の、顎関節症

入れ歯が原因の、顎関節症

「顎が大きくひらけない」「顎の関節付近が痛い」という症状を訴える患者さまがいらっしゃいます。さらに詳しい問診をすると、
 ●「肩がこる」
 ●「腰が痛い」
 ●「手足がしびれる」
 ●「耳鳴りがする」
 ●「偏頭痛がひどい」

というような症状をもつ中高年の患者さまが増えてきています。これは顎関節症と言われる症状です。

顎付近の痛みを訴えたり、口がひらかない、顎のあたりでパキン、ジョリジョリ、コッキン、という音がするといったものです。顎関節症というと20代から30代に多い疾患とされてきましたが、若い人の場合は歯並びが悪い、親知らずによる噛み合わせのバランスが悪いことによって起こります。

しかし中高年からの顎関節症の原因は、歯にかぶせてある銀歯や詰め物、とくに入れ歯によるかみ合わせのバランスがあっていないことが原因です。

入れ歯をお使いの方で、上記のような症状がある方はご相談ください。噛み合わせを改善して不快な症状を改善しましょう。


トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 入れ歯と顎関節症 » 入れ歯が原因の、顎関節症


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP