トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 症例紹介 » 【テレスコープ】難症例がリーゲルテレスコープで噛めるように

【テレスコープ】難症例がリーゲルテレスコープで噛めるように

【リーゲルテレスコープの症例】
「かめない・・・・」といらっしゃった、マグネットのついた部分入れ歯を入れた患者さま。たしかに手で取り外しができるぐらいの接着力で、これでは食べ物をすりつぶす力
簡単にずれてしまうと思います。

リーゲルテレスコープは、入れ歯の中に小さな鍵のようなものが組み込まれたものですその鍵の開閉によって入れ歯を着脱します。食べ物をすりつぶす力ではけっしてはずれません。

リーゲルテレスコープの症例とても難しい症例です。上の歯は前歯だけしか残っていなくて簡単な歯が入っていました。問題は下の歯です。前歯のすり減りがはげしく、後ろの歯は極度に骨が吸収しているのがわかります。

食事をすることができなくなってしまい、入れ歯はすぐにこわれてしまうとのことで、非常に困って来院されました。
次へ
とりあえず、今使っている歯を補強して修理をしました。かみ合わせの平面もずれていたため、左右対称にそろえました。上の歯も仮の歯を入れたところです。この時点で患者さまはかめることに非常に喜ばれました。
リーゲルテレスコープの症例

リーゲルテレスコープの症例 ワックスで模型診断をしたあと、上下の歯をリーゲルテレスコープで治すことになりました。下の写真は精密な型取りをしたところです。


次へ
出来上がった上下のリーゲルテレスコープです。
リーゲルテレスコープの症例
リーゲルテレスコープの症例
左が鍵(リーゲルレバー)が閉じている状態で、右が開いた状態です。

指で簡単に鍵を開閉することができ、閉じると舌で触っても全くわからなくなります。とりはずしができるブリッジのようなイメージです。

歯の部分はセラミックで作ったため、審美的にもとてもきれいに仕上がりました。お口の中に入れると、金属の部分は見えなくなります。

※Webサイト内でご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、
実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。


トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 症例紹介 » 【テレスコープ】難症例がリーゲルテレスコープで噛めるように


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP