トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 症例紹介 » 【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

【初診】
●「入れ歯がゆるくてかめない、動くから痛い・・・・」
●「人前で話をするのがおっくうになる」

という理由で来院されました。

歯に対して、とても劣等感があるともおっしゃっていました。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

痛くなく、食事が楽しめて、劣等感をなくしたい。という切実な希望により、上下顎同時印象法による総入れ歯で治すことになりました。

【第1回目の型取りをしました】
模型にしたものと、以前使われていた入れ歯を比べてみると、入れ歯、本来のスペースよりもだいぶ小さく作られていて、筋肉によるサポートがほとんどないことがわかりました。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯
この模型をもとに、精密な型取りをするための道具をつくります。
次へ

【2回目の来院です】
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯下の写真はゴシックアーチといって、顎のうごきの記録をとるものです。顎の動きは正常でした。


次へ
上のトレーを使って、上下を一緒に精密な型取りをします。このとき、同時にからだの正中に対する顎の位置の記録、かみ合わせの高さも同時に記録します。

型取りの最中に、つばを飲み込んでもらうことで、食事をしているときのお口の中の筋肉の状態が再現されます。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯型取りをしたあと、その人の肌の色、顔の形を見ながら、人口の歯を選びます。


次へ
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯たくさんの情報を、咬合器というかみ合わせの器械に移します。この模型で、入れ歯を作ります。


次へ
入れ歯が完成する前にワックスで形を作り、人工の歯をすべて並べた状態で、チェックします。このとき、発音、適合、審美性など、こまかく確認をします。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯
次へ
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯重合はイボカップシステムで行います。ワックスを硬い材料にかえます。


次へ
入れ歯が完成、お口の中に入れたところです。 フルバランスドオクルージョンというかみ合わせの誘導をつけています。咬合器の情報がそのままお口の中でもしっかり合っていました。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

入れ歯を入れた後、数回の調整を行い、患者さんはこの入れ歯を自分の体の一部にしてしまいました。発音がしっかりできるようになったことも喜ばれていました。

※Webサイト内でご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、
実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。


トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 症例紹介 » 【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP