トップへ » 当院の紹介 » メディア掲載情報 » 2009年06月12日のプレスリリース » 難症例にも対応できる上下顎同時印象による総入れ歯の治療方法を発表

難症例にも対応できる上下顎同時印象による総入れ歯の治療方法を発表

報道関係者各位 プレスリリース
2009年06月12日 稲葉歯科医院
東京都千代田区外神田4-7-3 田中ビル6階
院長 稲葉 由里子
顧問 稲葉 繁

難症例にも対応できる上下顎同時印象による総入れ歯の治療方法を発表
~2009年6月21日開催、第27回顎咬合学会にて発表~

稲葉歯科医院(所在地:東京都千代田区、院長:稲葉 由里子)の顧問である稲葉繁(前日本歯科大学高齢者歯科教授)は、「在宅要介護高齢者」「顎の骨が薄い」「脳血管障害の後遺症による麻痺」「顎関節症」など、難症例とされる患者にも対応できる『上下顎同時印象法』という総入れ歯の治療法を、2009年6月20日~21日に東京国際フォーラム(有楽町駅徒歩1分)にて開催される、第 27回顎咬合学会で発表することとなりましたので、お知らせいたします。

 理想的な総入れ歯は、口を閉じて食事をするときと同じ状態で型をとることですが、現在の総入れ歯の「型取り」は、口を開けて上下の歯の型を別々にとるため、口の中に装着すると誤差が生じるのと、患者さんの来院回数(6回~10回位)が多いなどの欠点がありました。

 今回発表する総入れ歯は、上下顎を一緒に「型取り」を行い、来院回数はわずか3回で完成いたします。口を閉じて上下顎を一緒に「型取り」を行うことで、今まで難しかった患者さん自身の力による筋肉、舌、唇の型を模型上に再現するため、高い精度の総入れ歯をつくることができました。

 また、今までの総入れ歯は歯ぎしりや、舌を前にだすことや、笑うといったことが難しかったのですがStrack設計※による審美的にも機能的にも優れた人工歯を用いることで、歯ぎしりができるようになり、舌を前にだすところに入れ歯があたらないようにすることで、不自由なく食事ができます。
また、口を大きく開けるほど筋肉のサポートで入れ歯が吸着するため、入れ歯であっても気にせず笑うことも可能となります。

 『上下顎同時印象法』は、年齢を重ね、歯を失うと、口元が低くなりつぶれたようになりますが、新しいシステムでは以前歯があった時と同じ口元にもどし、若々しい印象を取り戻すことができるため、アンチエイジングの効果もあり患者さんからも大変喜ばれております。
『上下顎同時印象法』は難症例の患者さんにも応用され、良好な結果を得ています。

 詳細は、2009年6月20日~21日に開催される、第27回顎咬合学会2日目のテーブルクリニックセクション4(11:00~12:30)にて発表いたします。
URL: http://www.ago.ac/27th/

 また、稲葉 繁は15年来運営する自身のスタディーグループIPSGで、歯科医師、歯科技工士が患者さんの初診から入れ歯の装着まで、2日間で行い、最後は患者さんと一緒に食事をするという研修会を定期的に開催しています。

※「Strack設計」とは
Dr.Strackが顎の動きを考慮して人工歯の形態を研究開発。
天然歯の解剖学的形態を尊重しています。


■稲葉歯科医院概要
名称: 稲葉歯科医院
住所: 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-7-3 田中ビル6F
院長: 稲葉 由里子
顧問: 稲葉 繁
TEL : 03-3251-8660
FAX : 03-3251-8660
URL : http://www.ireba-inaba.jp/


トップへ » 当院の紹介 » メディア掲載情報 » 2009年06月12日のプレスリリース » 難症例にも対応できる上下顎同時印象による総入れ歯の治療方法を発表


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP