2009年4月 4日 « トップへ » 2009年4月 6日

2009年4月 5日

リーゲルテレスコープのパイオニア 稲葉 繁顧問

リーゲルテレスコープのパイオニア 稲葉繁顧問最も進んでいるドイツの入れ歯であるリーゲルテレスコープを初めて日本に紹介、これまでに1000症例以上の治療を行いました。

今年6/20~6/21に開催された顎咬合学会では、難症例にも対応できる上下顎同時印象法による総入れ歯の製作方法を紹介。

また、IPSG最高顧問を務めるなど、常に最善の歯科治療を研究、提供し続けています。

【略歴】
リーゲルテレスコープのパイオニア 稲葉繁顧問1964年 日本歯科大学卒業
1968年 日本歯科大学大学院終了
1969年 日本歯科大学歯学部補綴学教室講師
1972年 日本歯科大学歯学部補綴学教室助教授
1978年 西独チュービンゲン大学留学
     E.Koerber教授の下で客員教授
1992年 日本歯科大学歯学部高齢者歯科学教授
1999年 日本歯科大学歯学部補綴学第3講座教授
現在  IPSG包括歯科医療研究会代表
 
【所属】
 ・日本老年歯科医学会常任理事
 ・日本老年学会理事
 ・日本慢性疼痛学会理事
 ・日本歯科医療管理学会理事
 ・(財)日本口腔保険協会理事
 ・(財)口腔保険協会理事
 ・トゥースフレンドリー協会理事
 ・IPSG最高顧問
 ・日本総合口腔医療学会  会長

【海外で、著名な先生に直接に指導を受けた、確かな技術】
リーゲルテレスコープのパイオニア 稲葉繁顧問ヴィリー・シュルテ教授はチュービンゲン大学で顎関節症を教えており、私が顎関節症を勉強するためにドイツに留学するきっかけとなった先生で、その後の私の臨床に多くの影響を与え、顎関節症を自分の人生のテーマとするバックボーンとなりました。


その他顎関節症ではクローポール教授より、筋触診の診断方法を学びました。また、ジャンケルソン先生、ラウリッツェン先生、アイヒナー先生からはかみ合わせについての実習を受けています。

リーゲルテレスコープのパイオニア 稲葉繁顧問技工士のファンネンシュティール先生からは、コーヌステレスコープのミリングテクニックについて学んでいます。


チャールスEスチュアート先生はアメリカでナソロジーの開祖として有名な人で顎の運動と歯の形態などのナソロジーの基礎を勉強し多くの影響を受けました。
リーゲルテレスコープのパイオニア 稲葉繁顧問

リーゲルテレスコープのパイオニア 稲葉繁顧問また、ハンスシュライヒ先生からは総義歯のすべてを学び、彼が引退したとき、稲葉顧問に資料をすべて託しました。その後の稲葉顧問の臨床に大きな影響を与えた人です。


2009年4月 4日 « トップへ » 2009年4月 6日


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP