2009年4月12日 « トップへ » 2009年4月14日

2009年4月13日

【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

【初診】
●「入れ歯がゆるくてかめない、動くから痛い・・・・」
●「人前で話をするのがおっくうになる」

という理由で来院されました。

歯に対して、とても劣等感があるともおっしゃっていました。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

痛くなく、食事が楽しめて、劣等感をなくしたい。という切実な希望により、上下顎同時印象法による総入れ歯で治すことになりました。

【第1回目の型取りをしました】
模型にしたものと、以前使われていた入れ歯を比べてみると、入れ歯、本来のスペースよりもだいぶ小さく作られていて、筋肉によるサポートがほとんどないことがわかりました。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯
この模型をもとに、精密な型取りをするための道具をつくります。
次へ

【2回目の来院です】
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯下の写真はゴシックアーチといって、顎のうごきの記録をとるものです。顎の動きは正常でした。


次へ
上のトレーを使って、上下を一緒に精密な型取りをします。このとき、同時にからだの正中に対する顎の位置の記録、かみ合わせの高さも同時に記録します。

型取りの最中に、つばを飲み込んでもらうことで、食事をしているときのお口の中の筋肉の状態が再現されます。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯型取りをしたあと、その人の肌の色、顔の形を見ながら、人口の歯を選びます。


次へ
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯たくさんの情報を、咬合器というかみ合わせの器械に移します。この模型で、入れ歯を作ります。


次へ
入れ歯が完成する前にワックスで形を作り、人工の歯をすべて並べた状態で、チェックします。このとき、発音、適合、審美性など、こまかく確認をします。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯
次へ
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯重合はイボカップシステムで行います。ワックスを硬い材料にかえます。


次へ
入れ歯が完成、お口の中に入れたところです。 フルバランスドオクルージョンというかみ合わせの誘導をつけています。咬合器の情報がそのままお口の中でもしっかり合っていました。
【総入れ歯】ゆるくて噛めない、動いて痛い入れ歯

入れ歯を入れた後、数回の調整を行い、患者さんはこの入れ歯を自分の体の一部にしてしまいました。発音がしっかりできるようになったことも喜ばれていました。

※Webサイト内でご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、
実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

インプラントの手術をするには体の具合が悪いのですが・・・

大丈夫です。
インプラントのような外科手術は必要ではありません。

普通の歯科治療の範囲で治療することができます。
インプラントをするには難しいと言われた方、高齢の方、さまざまな全身疾患をもった方に適応です。

インプラントにしたいけど、本数が多すぎて費用をだせません

この場合はテレスコープシステムをおすすめします。

テレスコープシステムによる入れ歯は、残っている少ない歯を連結固定して、歯の喪失を予防しながら審美的にも機能的にも大変優れた入れ歯です。
ご自分の歯と同様な装着感があり、他人から入れ歯であることも気がつかれません。

残っている歯が少ない場合、費用もインプラントよりも安くなる事がほとんどです。

40代ですがインプラントのほうがよいでしょうか?

残っている歯がしっかりしていて、抜けた歯の数が少なければ、インプラントのほうがいいと思います。
残っている歯の数が少なくて、インプラントにするには本数が多すぎる場合、テレスコープシステムの方が費用が安くて、高い効果があります。

抜けた歯の数は少ないけれど、歯槽膿漏がすすんでいたり、神経のない歯が多ければ、将来その歯が抜けてしまうことを予想すると、テレスコープシステムのほうが優れていると思います。
なぜならテレスコープシステムは弱い歯を連結、固定するため、それ以上歯の喪失を予防できるのと、もし抜けてしまったとしても簡単な修理で、もとの入れ歯を使うことができるからです。

入れ歯は何年くらい持つのですか?

テレスコープシステムの歴史はとても長く、日本で最初に治療されたリーゲルテレスコープは31年経過した現在も、まだ使われています。

私たちが入れ歯(テレスコープシステム)の治療をするとき、なるべく長く使っていただくためにいろいろなことを想定して設計にとても時間をかけます。
そのため長く使っていただける場合が多く、患者さまの体の一部になっています。

入れ歯が壊れた場合はどうしたらよいですか?

瀬戸物のお皿を落として割れてしまうと、修理してもまたはがれてしまうのと一緒で、総入れ歯の場合も修理はできますが、できるだけ大切に取り扱って大事にしてください。

テレスコープシステムによる入れ歯は、壊れてしまっても取り外しができるので、修理ができるのが特徴です。
でも同じように大切に取り扱ってください。

入れ歯安定剤を使用する必要はありますか?

ありません。

入れ歯安定剤を使用する粘膜の部分、歯肉を作る方法(重合)も保険の方法とはまったく違う精密な重合方法(イボカップシステム)で行うため、ウォーターフィルム現象(ガラスの板と板の間に水を介在させるとぴったりくっついて離れない状態)を得ることができ、維持が非常に良いため入れ歯安定剤を使用する隙間がありません。

夜は入れ歯を外したほうがよいのでしょうか?

総入れ歯、部分入れ歯ともに、寝る前に入れ歯をきれいに磨き、夜も入れ歯をはめて
お休みしていただいています。
日本とドイツの総入れ歯についてのアンケート調査によると、ドイツの患者さんの多くは夜間も入れ歯をはめています。
入れ歯をはめてないところを家族にもみられる事が嫌なようです。

日本では阪神大震災の時、夜入れ歯をはずしておいたせいで、
逃げるときになくなってしまって困ってしまった方が大勢いました。
きちんと夜入れ歯をきれいにしておけば、はめたまま寝てもかまいません。

入れ歯をはめているとうまくしゃべることができないのでは?

総入れ歯では上あごの入れ歯の形が厚いと、舌の動きのじゃまをするため、発音がむずかしくなります。
下あごの入れ歯の形を舌の奥まで伸ばしてしまうと、舌の動きのじゃまをするため、同じく発音がむずかしくなります。

上下顎同時印象法による総入れ歯、テレスコープシステムでは、舌の動きをじゃましないように研究されていますので、発音がしやすくなります。
実際に当院の患者さまで、総入れ歯を入れた後も英語を問題なくお話になる方もおられます。

味がわかりにくくなると聞きましたが・・・

味がわかりにくくなるのは、総合的な問題で、たとえば舌による味覚、甘いもの、辛いもの、塩っ辛い、すっぱい、苦いなどはわかりますが、粘膜で感じる食事の温かさ、冷たさは入れ歯の粘膜の厚みによって感覚がにぶくなります。

イカや納豆など粘着性があってネバネバした食べ物も、入れ歯にくっつきやすいため、味がわかりにくくなることがあります。
これらを総合して味がわかりにくくなると感じることがあります。

上下顎同時印象法にって製作された入れ歯の厚みは1.5ミリと薄くすることができ、
また粘膜部分を金属にすることで厚みは0.5ミリにすることができます。
ごく薄くすることで、温度を感じやすくなり、食べている実感を味わいやすくなります。

入れ歯が突然外れる可能性はないのでしょうか?

リーゲルテレスコープは入れ歯に小さな鍵をかけるため、その鍵が自然にひらいて突然はずれるということはまずありません。

部分入れ歯の金属がみえてしまうのでしょうか?

保険治療で適応の部分入れ歯はクラスプという金属のバネを歯にかけるため、見えるところに金属が見えますが、テレスコープシステムではそのようなバネを使わないため、笑った時に金属が見えることがありません。

かたいものが食べられないのですが、食べられるようになりますか?

入れ歯がお口の中で動くと硬いものがかみしめられなくなります。
稲葉歯科医院で製作した入れ歯はお口の中で動くことがないので、しっかりかたいものを召し上がれます。

歯の人工歯もStrack設計のもので、顎の動きを考慮して人工歯の形態を研究開発してあります。
天然歯の解剖学的形態を尊重し、歯の溝がついているため、食べ物をすりつぶすことができます。

たとえばどんな物がたべられるようになりますか?

先日、稲葉歯科医院のテレスコープ治療を受けていただいた方が、毎回どのような食事が食べれるようになったか、うれしそうにお話しをしてくださったので、

「よかったら、どのような食べ物を食べることができるようになったか、紙に書いていただけますか?」

とお願いしたところ、こんな感想をいただきました☆

☆ 彡:・;.*:・。゜゜・:゜*:。゜.*。゜.o。・。゜。o.゜。・*。・゜.。☆彡

☆海苔巻き・お寿司

歯で噛み切り、よく噛んでから飲み込むことができます。
差し歯の時は、歯で引っ張る事が出来ないため太巻きは解体し、細巻きは1㎝位に切って食べていました。
特にかんぴょう巻は、かんぴょうと海苔がペッタンコになり、そのまま飲み込むか、お行儀悪く取り出すしかありませんでした。
お寿司は好物ですが、特にカウンターで握ってもらいながら食べるのが最高の幸せですが、それもネタを選ぶのも歯と相談して、特にイカと貝類は噛むことが大変でした。
今は、あわびはまだ挑戦していませんが、赤貝、とり貝、みる貝等は難なくかめるようになりました。

☆オレンジ その他かんきつ類

くし型に切ったオレンジにガッブと噛み付きオレンジの実を口の中にいれかみしめることが出来ました。
お友達のお宅にお邪魔した際、または外食した際のオレンジかんきつ類などは櫛形に切れてありますが・・・・今まで食べたい思いは山ほどあってもその状態では頂けないのでいつも本当に残念でした。
自宅では1房ごと身を取って食べていました。
夫も娘もかんきつ類はその状態でしか食べない・・・・後遺症も出てきました。

☆生野菜

8分の1に切って、おまけに川を剥いていない生のカブをだされ・・・不安になりながらも口に入れました。
難なく噛むことが出来本当にうれしいことでした。
きゅうり、沢庵、きんぴら等も躊躇わずに食べることができました。

☆パイ

パイの皮をサクサクと音を立てて食べることが出来ました。
パイの皮も食べるのは難易度が高く、でも大好きですので小さく分けて食べていました。
美しい食べ方ではなく自宅でこっそりと食べていました。


たくさんの食べ物を食べれるようになり本当にうれしいです。それ以上にうれしいのは話すたびに口に手を当てて話さなくても良い事が一番の喜びです。

大変丁寧にそしていつも素敵な笑顔で接してくださって、何の不安も無く診察を受けることが出来ました。先生にはいつも感謝しています。長い間のコンプレックスが取れとても幸せです。

また、何か気づいたことがありましたら、お知らせいたします。


感想をいただいたこちらの患者さま、先日は旦那様と一緒に歯のクリーニングにいらっしゃいました。

食べることはもちろん、左右均等によく噛むことができたからだと思いますが、口の回りの筋肉がバランスよくつき、お顔の形がふっくらされて、素敵になっていました。

このような感想をいただけることは、私たちにとって何よりの喜びです。

こちらこそ、本当にありがとうございました。


リーゲルテレスコープについている鍵はなんですか?

リーゲルテレスコープについている鍵はなんですか?リーゲルテレスコープは二重に歯をかぶせる方法ですが、入れ歯をはめて固定するときに入れ歯にくみこまれている小さな鍵の開閉によって取り外しをします。

鍵を開けると取り外しができて、閉めると舌に触っても違和感がなくなります。

鍵の種類にも歯の残っている状態によってシュベンクリーゲル、ドレーリーゲルの2種類があります。
そのほか、いろんな種類の鍵を実際ドイツで見てきましたが、この2つが特に優れています。

入れ歯を作っている間の仮歯はあるのですか?

もちろん仮歯をつくります。
他人に歯の治療中であることが悟られないようにしますので、安心してください。

新しく入れ歯を入れるまで、歯がない状態でいなければいけないのかと不安に思う患者さまからの質問をよく聞きます。
治療中も出来る限り他人から気付かれないようにするために、様々な工夫をしております。
治療中であっても歯がない状態だと、食事もできないですし、人とコミュニケーションがとることができなくなります。家族も心配されると思います。
当院では入れ歯製作中であっても必ず仮の歯を入れるようにします。
歯を抜く前に、次に歯を抜いた状態を想定して仮の入れ歯を作ります。
即時義歯といいます。
抜けた後、患者さまの審美的、機能的回復をするのかを前もって考えておくことが重要です。
治療中は、不安な気持ち、仮の入れ歯が慣れるようになどすべてをサポートして進めます。お仕事にはほとんど影響しないと思いますのでどうぞご安心ください。

仮歯を作ることによって、治療中も食事がきちんとできます。
テレスコープシステムは非常に精密なため歯の少しの動きでもくるいがでてしまいます。
仮歯はそのような歯の動きをとめる役割もしているため、非常に重要です。

歯茎がやせてしまっているのですが、入れ歯を作ることは可能ですか?

大丈夫です。
歯茎がやせていると、通常インプラントは難しくなり、総入れ歯であっても難症例と言われますが、上下顎同時印象法による総入れ歯は、歯茎がやせていても、まわりの筋肉を利用するので、入れ歯を作ることが可能です。

歯茎がやせていても、入れ歯が吸着してはずれにくくなります。
(ウォーターフィルム現象を利用することができるため)

※ウォーターフィルム
塗れたガラスの板と板の間がぴったりくっついて離れない現象のこと。

治療の期間はどのくらいかかりますか?

当院でご提供させていただいている、テレスコープシステムは、製作過程が大変複雑、技工作業に時間がかかります。
症例によって異なりますが、通常型とりから始まり、少なくても4回は来院していただく必要がございます。
計画的に製作、技工士が集中しても、次のステップまで3週間から4週間は製作作業にお時間をいただいております。
型とりをしてから、症例によって異なりますが、完成まで3〜4ヶ月ほどです。
(総義歯の場合、完全予約制で、3日間で完成するコースもございます。)

また、残念ながら抜歯が必要になった場合は、型とりが出来る状態、骨が安定するまで半年待ちます。
その間は仮の入れ歯を入れ、出来る限り不自由のないように、また他人から気付かれないようにサポートさせていただきますので、ご安心ください。

入れ歯を作るために抜歯は必要でしょうか?

よほど歯槽膿漏が進んでいて歯がグラグラしていないかぎりは抜歯をしません。
すこしのグラグラは入れ歯で固定をすることによっておさまります。

将来抜歯になりそうな歯でもできるだけ利用して、抜歯になったとしても
簡単な修理でもとの入れ歯が使えるので、安心してください。


2009年4月12日 « トップへ » 2009年4月14日


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP