2009年4月20日 « トップへ » 2009年5月 9日

2009年4月21日

よく噛めることは、楽しく生きること

よく噛めることは、楽しく生きること●毎日の食事、美味しく快適に召し上がっていますか? 
食事は楽しみと、生きがい、そして潤いを与えてくれる大切なものです。

ちょっぴり大げさかもしれませんが、おいしく料理が食べられないということは、生きていく意味を奪われてしまうことなのかもしれません。また、大好きな家族や友人と、大きな口を開けて笑えること、これも生きていく上でとても大切なことです。

私たちが生み出したいのは、
食べる喜び、笑うことができる楽しさ、そして、患者さまの豊かな人生です。

入れていることを、つい忘れてしまう入れ歯です

私たちの製品をひとことで言うと、
「入れていることを忘れてしまう入れ歯」です

例えば当院の部分入れ歯は、クラスプ(バネ)を使用しない入れ歯で、残っている歯に内冠を被せ、その上に外冠を被せる二重構造が特徴です。ですから、舌で触れても違和感がなく、装用感はほとんどありません。また、他の歯に負担をかけないので、元気な歯を失ってしまう心配もありません。
IMGsiori_9001-1200x800.jpg
お口の中の動きを計算して作られるから
当院の総入れ歯は、お口の中の動きまで計算して作られていますので、自分の身体の一部のように使っていただけます。実際、夜外さずに寝る方もいるくらい、自分の歯のように自然な入れ歯です。

当院の「総入れ歯」について詳しくこちら
⇒当院の「部分入れ歯」について詳しくこちら

入れ歯で、歯を失うことがあるって知っていますか?

保険でまかなえる部分入れ歯は、健康な歯にクラスプ(金属のバネ)を掛け、付けたり外したりするタイプです。リーズナブルで手に入りやすいため、使用している方も多いのではないでしょうか。

IMG_0481-thumb-400x266-279.jpg

クラスプは、掛けた歯に負担がかかってしまう
しかし、食べ物を噛んだり、付け外しをするたびクラスプを掛けた歯に負担がかかってしまうことをご存知ですか? 最悪の場合、健康な歯までも失ってしまう可能性があるのです。そのため、ドイツを始めとする歯科技術の先進国では、このクラスプ式入れ歯は一切使われておりません。

残っている歯の寿命を延長するために【テレスコープ義歯】
当院では、残っている歯を全体的に固定して強くし、それ以上他の歯の喪失を予防する「リーゲルテレスコープ」などのテレスコープ義歯を使い、残っている歯の寿命を延長することができます。

「テレスコープ義歯」について詳しくはこちら

噛めることは老化防止にもなるのです

不自由なく何でも食べられることと、大きな声で人前で笑えることは無上の喜びです。また、歯は単に食べること、話すこと以外にも、全身の健康と深いかかわりがある、ということが最近の研究でわかってきました。

噛むことで、必要な筋肉の老化を予防する
歯があるからこそ噛むことができます。ふだん何気なく行うことですが、ひとつには口の中で食べ物を小さく砕いて唾液と混ぜ、食物をひとかたまりにし、飲み込みやすくするという機能があります。 でも、それだけではありません。

歯の存在は、私たちの表情をつくってコミュニケーションを助けます。 さらに、全身の健康という意味で重要なのは、噛む動作によるあごの働きです。

噛むときに必要な力は筋肉の老化を予防します。そうです、よく噛めるということは若返り、今でいうアンチエイジングの効果があるのです!

噛むことによって脳が刺激を受け、活性化する
また、上下の歯が強い力でぶつかり合うとき、下あごの力を上あごがしっかり受け止めます。 このときの衝撃はあごから頭につながり、頭蓋で吸収されていきます。 そのため、噛むことによって脳が刺激を受け、活性化します。逆に噛めなくなると、脳の老化がどんどん進むという研究結果が多く報告されています。

歯がなくて噛めない、という方はよく噛めるように治療する必要があります。入れ歯、インプラントなど様々な選択肢がありますが、当院にご相談頂ければ、様々な選択肢の中から、患者さまが快適に生活していけるような方法をご提案させていただきます。

何十年も使うことができる入れ歯を

●あなたは今まで、何度入れ歯を作り替えましたか?
わたしたち稲葉歯科医院の入れ歯なら、もうこれ以上作り変える必要はありません。実際、「いろんな入れ歯を作ってきたけど、もう作る必要がなくなった」という患者さまもいらっしゃいます。

当院で作る入れ歯の特徴
●しっかりはまる装着感
●他の歯に負担をかけない安定感
●自分の歯のような自然な付け心地

入れ歯を作り変えるのは、これで最後にしましょう
当院で作る入れ歯は、メンテナンスで細かい調整をすれば、何十年も使うことができる入れ歯です。実際に当院の入れ歯を数十年使っていらっしゃる方が大勢います。また、単に入れ歯を作るだけではなく、「患者さんの健康を取り戻す」という高い目標を設定し、信頼関係で結ばれた、あたたかい歯科医院を目指しています。

他の医院で難しいと言われた症例でも、自信を持って治療いたします。特に、下あごの入れ歯は非常に安定していると評判です。入れ歯でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

入れ歯の無料相談を申し込む

保険の入れ歯との違いについて

保険の総入れ歯は、柔らかい入れ歯は保険診療の範囲で作ることが可能です。では、なぜ当院が保険の入れ歯をおすすめしないのでしょうか。その理由はいくつかあります。
まず最初に、大きな違いは、入れ歯を専門に勉強してきた先生、そして製作する技工士の知識の違いだと思います。

 hk138_unit1-thumb-470xauto-12864.jpg 
長い歴史を持つドイツの入れ歯の技術を学ぶために、先生や技工士は沢山の専門的な知識を身につけてきました。できる限り、患者様が当院の入れ歯を長く使っていただくために、あらゆる視点から設計をします。
患者様の歯の状態はみんな一緒ではありません
骨の状態、神経があるかないか、歯の本数、位置などによってすべて違います。保険治療では決められたルールの中でしか設計することができず、決してベストな設計ではないことを知っていただきたいと思います。 
そして、材質の問題があります 
保険の総入れ歯は、柔らかいレジンで作られている為、食べ物やコーヒー、タバコの汚れを吸い、樹脂内部まで汚れや臭いが染み込み、口臭の原因になることがあります。また、人工歯は既製のプラスチック製で、天然歯のような固さや溝がないため、歯ぎしりすることが難しく、また見た目にも入れ歯だとわかりやすいです。 
次に、製作に費やす時間の問題です 
上下の型を別々に取ったものを、保険専門の技工所に送ります。技工士は患者さまの姿を見ることなく、材料もなるべくリーズナブルなもので製作します。ここでは、口の筋肉や歯肉の形状などは一切考慮されていないため、残念ながら吸着力が弱く、外れやすい入れ歯であることが多いです。 
当院の入れ歯には、材質、製作共にこだわりがあります 
当院の自費による入れ歯では、材質、製作共にこだわりをもって作っております。
患者さまにとって一番良い材料を使います。
精度の高いイボカップシステム 

insurance05_1.jpg
まず材質は、吸水性の低いものを使用し、臭いが染み込んだりしないので衛生的です。なぜなら、製作方法は、イボカップシステムという精度の高い方法で、2トンもの圧力を常にかけ、薄くても、強度があり、吸水性が低い入れ歯を作ることができるからです。 
天然歯に近いリヒテシュタインイボクラー社の人工歯 
concept02_1.jpg
人工歯はリヒテシュタインイボクラー社のものを使用し、天然歯と同じような機能で、たくさんの色から選んでいただけます。しっかり歯の溝もついているので、食べ物をすりつぶしたり、歯ぎしりすることも可能です。

院内に技工士がいるため細かな微調整ができ素早く対応することができます。

d76e0badb5b5f4c1ccbd7679725a3b846ffb9644-thumb-470xauto-13942.jpg 
当院に併設の自費専門の技工所で、先生と技工士が共同作業で患者さまにピッタリの入れ歯を作っていきます。院内に技工士がいるため細かな微調整にも素早く対応出来ます笑ったり、歌を歌ったりと、大きな口を開けるほど、筋肉が入れ歯を支えて吸着します。他人に入れ歯と気づかれることも少なく、発音も綺麗にできるようになります。


2009年4月20日 « トップへ » 2009年5月 9日


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP