2009年5月 « トップへ » 2009年7月

2009年6月16日

噛む機能の回復にプラス、残った歯を守る部分入れ歯

リーゲルテレスコープの利点
●年月の経過とともに口の中の環境が変わっても、修理をしながら長く使える
●残った歯の機能を守る

重度の虫歯や歯槽膿漏、歯が割れてしまって、どうしても抜歯をしなくてはならなくなることがあるかもしれません。その際に、また入れ歯をすべてつくりなおすのではなく、簡単な修理で元の入れ歯を使うことができます。

もちろん、最初にリーゲルテレスコープを作るとき、技工士と設計を行いますが、弱い歯に対しては、抜けることを想定しておいて、修理ができるようにしておきます。「弱い歯はリーゲルテレスコープでできるだけ持たせて守ってあげる」という考え方です。これはインプラントにはない利点です。

噛む機能の回復にプラス、残った歯を守る部分入れ歯

ただ失った歯を補うばかりでなく、患者さまの将来を考えた治療を
当院では、残った歯を守る為に歯を固定し、噛み合わせの安定を図る治療を「予防補綴」と呼んでいます。

ただ失った歯を補うばかりでなく、患者さまの将来を考えた治療を行うことで、患者さまの快適な食生活と健康を手助けするのが、私たちの役割だと考えています。


2009年5月 « トップへ » 2009年7月


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP