2010年7月16日 « トップへ » 2010年10月22日

2010年7月30日

歯周病があり、入れ歯を作るとしたらどのような方法がありますか?

Q.5,6年前から歯周病で悩んでいます。かかりつけの歯科医院で侵襲性歯周炎の可能性もあると言われて治療を行ってきましたが、すでに何本か歯が抜けてしまい、現在もグラグラしている歯があります。インプラントをするには骨が薄くて無理だそうです。歯周病があり、入れ歯を作るとしたらどのような方法があるのでしょうか?(40代 女性)

A.すでに何本か歯を失っていて、残っている歯も弱い、歯周病の方は通常の保険の部分入れ歯では、近い将来さらに歯を失うことが予想されます。
口の中を清潔に保つこと、日頃のケアはもちろん大切ですが、どのような入れ歯を選択するかということも非常に大切なことです。
というのは、入れ歯によって、歯の喪失を加速させてしまう可能性があるからです。
歯周病にかかった歯は、部分入れ歯の金属のばねに非常に弱いです。
せっかく残っている歯にストレスを集中させてしまい、最終的には歯が徐々に抜けてしまう状態になってしまうからです。

当院の入れ歯、テレスコープ義歯は、歯が揺れないように全体的に固定することができるため、歯周病の患者さんに適していると言えるでしょう。
テレスコープ義歯はドイツで開発された入れ歯です。
入れ歯を入れることで歯が抜けてしまうのではなく、入れ歯で歯が抜けるのを予防する。というコンセプトです。
テレスコープ義歯を行うことにより、歯を失うことを予防し、歯の寿命を延長することができます。

しかし、残念ながら必ず歯を守れるというわけではありません。どうしても歯を失うことが免れないことがあります。その時、通常でしたらまた入れ歯を作り直す必要があります。
ですが、テレスコープ義歯は、あらかじめ失うであろう歯のことを想定して、修理ができるようになっています。
抜けるたびに作り直しが必要ではなく、修理して長く使えるのも特徴です。
テレスコープ義歯は数種類あり、残ってる歯の状態によって選択します。

金属の金具やばねがみえないため、審美的にも優れている入れ歯のため、若い方であってもテレスコープ義歯は受け入れていただいておりますのでご安心ください。


2010年7月16日 « トップへ » 2010年10月22日


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP