2010年12月 6日 « トップへ » 2011年4月12日

2011年2月19日

金具がみえない自然な入れ歯【テレスコープ義歯】

笑った時に入れ歯についている金具がみえるのがはずかしい。
当然です。 入れ歯を支えている金具は前歯にかかるため、どうしてもみえてしまいます。 細い金具とはいえ、やはり目立つため、いかにも入れ歯を入れているという感じがしてしまいます。

IMG_9995-thumb-470x313-333.jpg

例えば、このような場合、金属の金具が見てしまったら、生活に支障をきたします。

IMG_0018-thumb-470x313-335.jpg

テレスコープ義歯は、金具が見えることはありません。

ノンクラスプや、バルプラストという選択肢もあると思いますが、沈み込んでしまい、かむことは難しいと思います。また、顎の骨も痩せてきてしまうでしょう。

 

インプラント以外のもう一つの選択肢として
患者さんの中には金具がみえるのが嫌だから、インプラントにしたとの意見をよく聞きます。 もし金具がみえない自然な入れ歯があったら...インプラント以外のもう一つの選択肢として考えることができますよね。

IMG_7764-thumb-470xauto-15525.jpg

当院でお勧めしている、テレスコープ義歯は金具がないため、入れ歯であることがわからないばかりか、よく噛めるため、ご自分の歯の一部として使っていただいております。ドイツでは130年以上の歴史があり世界で信頼されている入れ歯ですが、日本ではまだ広まっていません。

テレスコープ義歯の特徴
●金具がないため、入れ歯であることがわからない
●よく噛めるため、ご自分の歯の一部として使える
●ドイツでは130年以上の歴史があり世界で信頼されている

最近ではインプラントをしたくない方も増えてきています。 当院では、歯を失った方にインプラントと、テレスコープ義歯を患者さんにお伝えしていますが、テレスコープ義歯を選ばれる方がほとんどです。

「テレスコープ義歯」について詳しくはこちら


2010年12月 6日 « トップへ » 2011年4月12日


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP