2012年9月 « トップへ » 2012年11月

2012年10月31日

もっと早くに伺っていればと後悔しました(神奈川県 川崎市 59歳男性)

<いままでの経緯>
7~8年前になるかと思います。 上の歯全体のかみ合わせが悪く 痛みもひどいので友人の歯医者さんに治療をお願いしたところ、ほとんど説明も無く磁石方式の入れ歯になってしまいました。

最初はショックでしたが、歯の悪い自分としては、いずれそうなるのかとあきらめましたが。とにかく、磁石のつきが悪く、ズレやすく、はずれやすく、また食べ物が入れ歯の中にはいり痛くてかめませんでした。

仕方なく、自宅近くの別の歯科医院にて修理・調整をお願いしましたが、1回の治療時間が数分と短く、1年近くかかってやっと磁石の取り替え、入れ歯の作り変えをしていただきましたが。

やはり数ヶ月たつと、ゆるんできて、不安定になり、また磁石はまったくといっていいほど効きませんでした。

またまた仕方なく、自宅近くで評判のいい歯科医院にいって相談ましたが、磁石に頼らない入れ歯につくり変えたほうがいいと、すすめられました。

材料のいいものですと30万~40万ぐらいといわれましたが、まずはおためしで保険で出来る入れ歯をつくってもらいました。最初はいままで以上にくっつきが良く感激しましたが、時間がたつとともに数ヶ月で外れやすくなり、食べ物が詰まりやすくなりました。

また発音もうまくいかず、相手がききとりずらそうでした。 仕事にとっても非常にマイナスにもなりますし、印象も悪くなります。また、常に入れ歯が外れるんではないかと心配で不安でした。 大変ストレスになっておりました。

そのころから、いままでお世話になった先生には申し訳なかったのですが、自分が納得がいくまで、いい方式がないかどうか、さがしてみようとおもい、とくに他に相談できるひともいませんでしたので、ネットでさがしました。

私の場合骨隆起があるので、それを口腔外科で、けずってからでないと入れ歯は作れませんといわれました。

もう、通常の入れ歯ではダメなのかと半ばあきらめ、最後はインプラントしかないのかと調べましたが、事故、トラブルが多くNHKでも特集していましたが、国民生活センターにここ5年間で2000件の相談がよせられているとのことで、ただでさえ不安ですし、値段も不透明ですし、リスクが大きそうなのでなかなか踏み切れませんでした。

おそらく私のように悩んでいる人たちは、ネットで同じように検索しているはずです。

客観的にアドバイスがいただけ相談できるところがありませんので、私含め困っている人たちは真剣になってネットサーフィンをしていると思います。

それだけに患者にとってはHPの情報は大事ですし重要です。隅々まで読んでいると思います。

ここまで長くヘタな文章で読みづらく、大変申し訳ありませんでした。

いよいよ先生との、出会い編です。


<稲葉歯科医院>
ネット検索をしているとかならず、稲葉歯科医院が登場しますし良くHPをみていました。

特に入れ歯外来コーナーもありますし、その他のいろいろな情報も多くありましたので、安心感がありました。

またその中の文章で、
「入れ歯を作るのは当院で最後にしてほしい、それくらいの自信と技術をもって入れ歯作りを行っております。」
との言葉が心に響きました。 私もこれで最後にしたいとの思いで。

何とか既存の根を抜かないで利用できないものかとも考えていましたので、先生のところに相談にうかがいました。

先ず、先生にお会いし相談して、骨隆起もなんの問題もないし、残存している根も抜かないで利用できることと聞いて正直おどろきましたし、いままでダメだといわれたことが、逆に利用できるといわれましたので、とてもうれしかったです。

もっと早くに伺っていればと後悔しました。

ただ金額については思っていたよりは高額でしたので、仕事がら費用対効果がどうなのか正直少し心配でしたが、先生の説明で、安全性も高く、また修理・調整をすれば長く使えるとのこと。

長いスパンで考えれば決して高くないのではと今では考えています。

いよいよ治療が始まりましたが、最初のころは正直 レジリエンステレスコープの完成形がどうしてもイメージできませんでしたので不安はありませんでしたが、すごく知りたかったです。

先生がコップで原理を説明していただいたときは良く理解できました。すばらしい技術だと感心しました。

内冠の土台になるものと、既存の入れ歯を修正していただいたときは、もうすでに保険の入れ歯がジャストフィットして外れないものとなりました。その時には今までの長い苦悩が一瞬で消え去りましたし、ストレスがなくなりました。

<そして完成形>
〇 2~3日は少しあたるところがありましたが、それほどの痛みはありませんでした。
〇 とにかく外れませんし、まったくずれません。 はずすのが大変です。
〇 大きく口を開けて笑えます。大きく口を開けて話せます。
〇 今まで聞きずらかったようですが聞き返されません。
〇 今までの入れ歯ですと、おおきく口を開けると、ずれたり外れたりします。
〇 食べ物が一切はいりこみませんので快適です。今までは食べ物が入り込みとても不快でした。
〇 何でもよくかめます。とにかく一番いいことは食べ物の触感が良く感じられることです。
〇 歯ざわり感が良好です。なんでもおいしく感じます。 根を利用しているからでしょうか。
〇 舌の上部の入れ歯の部分が最初はすごく違和感がありました。何か舌が圧迫されているみたいでしたが、先生のおっしゃるとおり1週間もたたずに違和感がなくなりました。

 あと少し入れ歯の底辺部が浅ければ快適なのかなとも思いますが、強度的に無理であれば、今でも十分快適です。

〇 私にとって、とても大事なことは。 残存している根を利用しているので、完全なる総入れ歯とは違い取り外しの出来る差し歯的な感覚です。

 自分の歯の根を利用できていることでプライドが保てますし、年寄りくさく惨めな気持ちにならないですみます。

 あと、今まで常にストレスがかかって生活していましたので、それがなくなったことで、不定愁訴感もだいぶ緩和されました。 脳も活性化されるのでしょうか。

以上、本当にながく書いてしまいましたが、私のようにきっと多くの人が誰にも相談できず苦しんでいると思います。あとは患者自身の選択です。

それはもう自分を信じて行動して運に任せるしかないのかと思いますが。

それには、先生はじめ関係者の皆様にこのすばらしい技術をもっと広めていただけたらと思います。きっと救われる人はたくさんいるはずです。

そのために、微力ながらお役に立てられるのであれば幸いです。

稲葉先生そしてスタッフの皆様、本当にありがとうございました。今後のご活躍おおいに期待しております。広く世の中に広めてください。

今後とも末永くよろしくお願いいたします。

神奈川県 川崎市 K・S様 59歳男性

レジリエンツテレスコープについて、詳しくはこちらのページをご覧ください。

▼レジリエンツテレスコープとは?
※Webサイト内でご紹介している患者様のご感想は、あくまでも患者様固有のご感想ですので、個人差がございますことご了承ください。

2012年10月 7日

総インプラントを勧められましたが、不安です

All-on-4を勧められましたが、不安ですQ.近くの歯医者で現時点では抜歯が必要な歯は数本だが、今後悪化していくことを考慮し、全抜歯して総インプラントにすることを勧められました。インプラント手術が不安で他の治療方法を探しています。貴院での治療について詳しく知りたいです。よろしくお願いいたします。

A.⼤変不安なお気持ちのことと思います。
現時点では抜⻭が必要な⻭は数本だけれども、今後悪化してしまったら、⾻の量や密度が⾜りないため、インプラントができなくなるから。という理由で、今のうちに全抜⻭して総インプラントにしましょう、ということだと思います。

しかし、今後悪化することを考慮して全抜⻭というのは、あまりにもネガティブな⽅法だと思います。もちろん、⻭の状態にもよりますが、できるだけ悪化させないように今ある⻭を守る事を考える⽅が良いのではないでしょうか。

総インプラントがどれだけの期間持つのかはわかりません。天然の歯で起きてしまったことをまたインプラントで繰り返す可能性もあります。もし、インプラントがダメになってしまったら・・・その時は骨の状態が悪く、入れ歯をすすめられるのだと思います。

ドイツでは、総インプラントは推奨されていません。ドイツ⼈は丈夫で⻑持ちすることを⼀番に考え、次の⼀⼿⼆⼿を考える国⺠性があります。もう少し多くの⼟台がないと安⼼できないことがその理由です。

当院では、よほどでない限り抜歯を行いません
どのような状態であれ、ご自分の歯が一番です。本当に抜かなければいけないのか、ご相談内容を拝見させていただくと疑問に感じます。20年後、30年後どうなるのか予想する必要もあります。出来る限りご自分の歯を保つ方がいいと思います。
当院では、よほどでない限り抜歯を行いません。

All-on-4を勧められましたが、不安です当院の入れ歯はドイツで開発された方法ですが、ドイツの入れ歯は一度作ったら、修理をしながら長く使っていただくことができます。最初の設計の段階で、弱い歯は抜けることを想定して、あらかじめ修理ができるような形にしてあります。弱い歯であってもできるだけ保存したいと考えております。本当に抜かなければいけない状態なのか、無料相談も⾏っておりますので、よろしければご相談いただき、ご⾃分で納得されてから治療を進めて⾏かれた⽅が良いと思います。

残っている歯が少なくても活かすことができるレジリエンツテレスコープ
残念ながらすでに沢⼭の⻭を失ってしまった⽅にも、少ない本数でもご⾃分の⻭を利⽤できる、レジリエンツテレスコープという技術があります。当院で⼀番患者様から需要のある、ドイツの技術です。

⻭を失うと、⾻は吸収していきます。インプラントはどうしても⾻の厚みがある内側に⼊れるため、⼝元が痩せて⾒えてしまいます。

しかし、レジリエンツテレスコープは、床により内側からボリュームを出す事ができ、元々⻭があった場所に⻭列を並べる事ができるため、⼝元を⾃由に作る事が可能です。多くの患者様は、ほうれい線が⽬⽴たなくなり、⼝元を⼿で隠さなくても笑う事ができ、⾃信を持たれているように感じます。

レジリエンツテレスコープに関して、こちらに詳しく書いてありますので、よろしければご覧ください。
少ない⻭をいかしたレジリエンツテレスコープ

レジリエンツテレスコープを⼊れた⽅の感想もぜひご覧ください。
痛い所もなく、外れることもなく、毎日快調です(千葉県 30代女性)
もっと早くに伺っていればと後悔しました(神奈川県 川崎市 59歳男性)
自分が想像していた以上のモノでした(福岡県 45歳男性)


2012年9月 « トップへ » 2012年11月


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP