2013年6月16日 « トップへ » 2014年1月14日

2013年9月18日

こんな素晴らしい入れ歯があるなんて思ってもみなかったです

私は33歳の時に、下の前歯以外を全部失いました。その時点でもう死んでしまいたいような気持ちになりました。

最初に作った入れ歯は保険でした。前歯がすごく大きくて、苦しくてはめていられないのです。また、下の部分入れ歯も合わずに何度も調整に行きましたが結局あわずに入れ歯をしないで過ごしていました。食べる物もうまく食べられず、体重はみるみる減って、栄養失調と衰弱で入院しました。

入院中に「とりあえず」で、病院内の口腔外科で、保険で入れ歯を作っていただきました。今度は、歯が小さすぎて、前歯が見えないくらいでした。でもそのまま使っていました。
退院して、しばらく経って、固い物が噛めない、前歯で噛むと、入れ歯がとれてしまう、バネのかかっているのが人に見られるのが嫌だ、と言う悩みをたくさん持っていました。

あまりに辛くて、良い入れ歯を作り直そうと、インターネットで探しました。すると、稲葉歯科医院に何度もヒットしました。よくよく内容を読んでみると...もう作ってみたくなってしまって...母親にお願いして先生のカウンセリングを受けました。

稲葉先生に不安なこと、今まで不便だったことを全て話して、今度の入れ歯は大丈夫だからと言われて安心しました。

私は、上顎シュトラックデンチャーというシステムの総義歯、そして下顎はリーゲルテレスコープというふたつともドイツの技術のものを作っていただきました。
いざ、食べてみると、食べ物が全然挟まらないんです!最初は少しきつい感じがしましたが、調整をしていただきました。入れ歯が完成してから2週間で8回、時間を取っていただき調整していただきました。「入れているうちに慣れてくる」という言葉を信じながらも、歌を歌ったり(私は歌を歌うのが好きです)していると、上の総入れ歯が外れてしまうのです。その度に先生に、入れ歯の調整をしていただきました。呆れるくらい、先生に「あそこが痛い」「ここが痛い」とメールを出して、不安から解消されたくていました。先生のメールの返事の「大丈夫ですよ」の言葉に安心させられました。

最後の調整で、外れにくかった(バネに指をかけにくかった)リーゲルテレスコープのバネの調整をしていただきました。下の歯、前歯を支えにして入れ歯にしているのですが、本当に絶対に外れないんですよ!固い物でも何でも噛めます。
夜寝るときもきれいに洗って、はめたまま寝ていますが、違和感がありません。こんな素晴らしい入れ歯があるなんて思っても見なかったです。「慣れるまでに時間がかかる」と先生はおっしゃっていましたが、私は最初の日から、普通の食事をしていました。もちろん、色んな物を食べていました。全く違和感がなかったです。

喋るのは、最初はなかなかうまく発音ができなかったけれど、二週間で自分の物にできたような気がします。8回目の調整で、歌も歌っても上顎シュトラックデンチャーは外れないし、下顎はリーゲルテレスコープは全く違和感がないし...家族でびっくりしています。

何よりも先生達の迅速な対応と、丁寧な処置に感謝しています。こんな歯科医院は他にありません。私のような不安障害の大きい人に対しても、安心する言葉を書けてくださり、本当にありがたく思っています。

稲葉先生のところで作る入れ歯ならきっと長く使えます。大切に使っていきたいと思います。
今まで思い切り口を開けて笑えなかったのが笑えるようになりました。家族もみんな、本物の歯みたいだと言ってくれます。私も人に見せたい歯になりました。美味しい物をたくさん食べて元気になります!

歯医者嫌いだった母も、「虫歯になったら稲葉先生の所に来るんだ」と言っています。本当にありがとうございました。これから一生よろしくおねがいいたします。

※Webサイト内でご紹介している患者様のご感想は、あくまでも患者様固有のご感想ですので、個人差がございますことご了承ください。


2013年6月16日 « トップへ » 2014年1月14日


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP