2015年2月16日 « トップへ » 2015年5月20日

2015年2月23日

リーゲルテレスコープという治療法と、ブリッジの大きな違いは?(ハワイ在住50歳)

Q.ハワイ在住、50歳です。

左下、奥歯2本目の大臼歯に問題がありアメリカの歯医者ですぐにでも歯を抜き、インプラントを勧められています。

●左下、一番奥は神経の治療をしてあってクラウンが入っています。
奥から2番目の大臼歯も現在クラウンです。
状態は、手前の根がなく、後ろの根だけで支えていて、さらにその根が虫歯だと言われました。
●左下、奥から3番目4番目は健康な歯です。

上記のような状態で、左下奥から2番目の歯を早く抜かないと、虫歯が進行してしまう。早くインプラントにした方がいいと、言われました。
下あごが小さく、骨が薄いと別の歯医者で言われた事もあり、
インプラントはしたくありません。
どうしてもインプラントには抵抗があります。
そこで、質問させてください。

★リーゲルテレスコープという治療法をお願いした場合、
 どのくらいの滞在日数が必要でしょうか?
 また、費用はどの程度見ておけばようのでしょうか?

★リーゲルテレスコープという治療法と、ブリッジの大きな違いは?
 どの程度、他の歯をけずるのでしょうか?

★現在、50歳です。
 将来の事を考えるとリーゲルテレスコープとブリッジどちらがよいでしょうか。

★抜歯時期について
 抜歯後、仮歯を作って頂けない状態を考慮し、日本帰国、何日前・何ヶ月前に抜歯したら よいと思われますか?


滞在期間が限られているため、出来る限りの準備をしたいとおもっています。
素人の分かりにくい文章で 申し訳ありませんがどうぞ、アドバイスをください。
毎日 不安で眠れずにいます。
宜しくお願い致します。

A.ご質問ありがとうございます。
一つ一つ、ご質問にお答えしたいと思います。

★リーゲルテレスコープという治療法をお願いした場合、
 どのくらいの滞在日数が必要でしょうか?
 また、費用はどの程度見ておけばようのでしょうか?

リーゲルテレスコープで治療をするということになりますと、
3ヶ月程度お時間をいただく必要がございます。(患者様によって異なりますが)
ひとつひとつに確認作業や技工作業に時間がかかるため、
どうしても時間がかかってしまいます。

費用に関しまして、まだ、拝見させていただいておりませんが、
リーゲルテレスコープは、インプラント同様もしくはそれ以上費用がかかる場合もございます。

★リーゲルテレスコープという治療法と、ブリッジの大きな違いは?
 どの程度、他の歯をけずるのでしょうか?

取り外しができるか、できないかの違いです。
リーゲルテレスコープは取り外しができるため、清掃性がよく衛生的です。
鍵によって固定するブリッジのような感覚でお使いいただくことができます。

リーゲルテレスコープとブリッジ、ほとんど削る量は同じです。
約1.5ミリほど、そして神経は保存することが大前提です。

★1本だけの入れ歯というのは作って頂けるのでしょうか。

1本だけ入れ歯という方法は、返って歯を痛めてしまいます。
接着性のブリッジは、接着剤で止めておくだけなので、必ず外れます。
そして、クラスプ義歯(ワイヤーで支える方法)は実はブリッジよりも歯を痛めてしまう可能性があります。
それは、入れ歯が揺れるたびに、支えてる歯も揺らしてしまうからです。


★現在、50歳です。
 将来の事を考えるとリーゲルテレスコープとブリッジ、どちらがよいでしょうか。

将来を考えるとリーゲルテレスコープ、一番奥の歯を失っても修理して使う事が出来るからです。
ですが、今回の場合はブリッジでも対応できると思います。

まずは、ブリッジで治療をし、将来奥歯を失ってしまった時、リーゲルテレスコープで治療をするということでも良いかと思います。

★抜歯時期について
 抜歯後、仮歯を作って頂けない状態を考慮し、日本帰国、何日前・何ヶ月前に抜歯したら よいと思われますか?
 現在のお医者様曰く、アメリカでは、インプラントのする前、抜歯し
 歯の骨の回復を待つ間、約6ヶ月仮歯等入れず、そのまま放置すると、 
 おっしゃってました。

インプラントを行う際は、この場合、仮の歯をいれることができませんが、
リーゲルテレスコープやブリッジを入れるのであれば、事前に両脇の歯を利用して、仮の歯を作る事ができます。
抜歯を想定して、事前に準備をしておきます。

まずは、ブリッジにするか、テレスコープにするか、インプラントにするのか、
納得の行く方法を考えてから、それぞれ治療方法進め方、仮の歯を入れる手順などが違います。
抜歯に関してははやければはやいほど、骨の吸収が安定するので良いと思いますが、
まずは方法を決めてからではないと、不安も募ることと思います。
なかなかご自身でご決断できないと思いますので、
また、わからないことがあればご質問いただければと思います。


2015年2月16日 « トップへ » 2015年5月20日


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP