2017年1月17日 « トップへ » 2017年8月 8日

2017年8月 7日

支台にした歯が一層歯周病になりやすくなることが考えられますか?

Q.支台にした歯が一層歯周病になりやすくなることが考えられますか?

A.歯の状態、その方のお口の中の状態、かみ合わせの状態、全身疾患や飲んでいるお薬、プラークコントロール、歯周病菌の数など色々な要素があるため、全く進まないとは言えません。

歯周病を治すための治療ではありませんが、できる限り進まないように力のバランスを考慮し、設計を行います。

歯周病は基本的に固定し、歯を揺らさないようにすることが大切です。

できる限り、横に揺らさないように様々な工夫をさせていただきたいと思います。

入れ歯の樹脂は、極端に熱いもの(茶、スープ等)は控えた方がよいですか。

Q.入れ歯の樹脂は、極端に熱いもの(茶、スープ等)は控えた方がよいですか?

A.普通のお食事はそのままで問題ありません。

ただし、消毒するために、熱湯をかけるのは控えてください。変形してしまう可能性があります。

義歯及び自分の歯のメンテナンスはどのくらいの頻度で通う必要がありますか?

Q.義歯自体、及び自分の歯のメンテナンスにどのくらいの頻度で通わなければなりませんでしょうか。また、洗浄するのに、超音波洗浄機(家庭用で買えるものですが)を使用する方がよいですか。

A.メンテナンスの頻度は、3ヶ月に1度をおすすめしております。
メンテナンスの期間が半年から1年開いてしまうと、事前に起こりうるリスクを発見することができなくなってしまいます。

ただし、遠方の患者様も多いことから、患者様のペースに合わせて、ご相談させてください。

洗浄方法に関しては、基本的に義歯ブラシでまんべんなくブラッシングをお願いします。
洗浄剤は週に1度で十分ですが、メンテナンスにいらしていただいて入れば使用しなくても大丈夫です。
超音波だけでは汚れが落ちないので、ブラシを使用していただければと思います。

歯牙の部分はどのくらいの年数で変色するのでしょうか?

Q.入れ歯の歯牙の部分、特に前歯について、変色が心配です。
普通に生活して(ワイン・茶を飲む・カレーを食べる等、私は喫煙はしませんが)、どのくらいの年数でどれだけ変色するものでしょうか。
また、変色した場合に、変色を取る処置はありますか?

A.歯牙の部分、人工歯は、リヒテシュタインイボクラー社のものを使用。IVOCLAR のビボデントやオーソシット同様、天然歯のような高い審美性と硬さを兼ね備えています。

硬い材料を使いますが、患者様の唾液の量、ブラシをする回数、鼻呼吸か口呼吸か様々な要因が関与し、長年の経過によってどうしても変色してしまいます。

コーヒーや、お茶のような茶渋の場合、洗浄剤(ピカ)でとったり、ラバラックという泡のタイプのものでとることができます。

人工歯にヒビが入ってしまった場合は、変色をとることができないため、人工歯を交換するような事もできますので、メンテナンス時によく見せていただければと思います。


2017年1月17日 « トップへ » 2017年8月 8日


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP