2017年11月28日 « トップへ » 2018年1月29日

2017年12月 4日

一生大切に使っていこうと思っております。

私が初めて稲葉歯科医院を受診したのは昨年の12月のことでした。

上下の歯とも重度の歯周病で、特に右上の奥三本のブリッジは、ただくっついているだけの状態。取れては付けてもらうの繰り返しで、当時通院していた歯科医院の先生からは、その度に部分入れ歯を勧められたものの、入れ歯には抵抗があり、ブリッジが取れてしまうのが怖く、四年ほど、ほとんど右の歯では食べ物を噛まない生活を続けました。

けれども四年経った昨年、ついにブリッジが取れてしまいました。当初は、部分入れ歯にする覚悟ができるまで、何度も付け直しは可能だと言われたのですが、二日後にまた取れ、再び受診したところ、もうこのような治療はできない、と治療拒否をされてしまいました。
部分入れ歯にするほかなく、左の歯に金具を引っ掛けて装着するものになり、金具は見えてしまうけれど仕方ないと言われ、目の前が真っ暗になりました。

それからは以前にも増して右の奥歯を使わないようにし、歯ブラシさえ当てず、外出時は常にマスクをして過ごしました。ですがそんな生活は毎日ストレスを感じます。左右の頬は非対称になり、肩こりや頭痛も起こるようになりました。ストレスが限界になった時、こんな生活を続けるのは体のために良くない、入れ歯にした方が良いのでは、と思い始めました。

けれども入れ歯には依然として抵抗がありました。高齢者が使うものであり、接着剤を使わなければ取れてしまう、食べ物が挟まる、何より金具が見え、付けているのが一目瞭然、等々、入れ歯の印象は暗いものばかり。なんでも噛むことができる、外れない、ずっと使える、発音が明瞭なまま、歯を見せて笑える、そして人に気付かれない。
そんな入れ歯がないか毎日ネット検索をした結果、治療内容に納得でき、自分の悩みを解決してもらえるかもしれない、と、たどり着いたのが稲葉歯科医院でした。

さっそく相談予約をし、伺ったのですが、明るくて清潔な院内、受付スタッフの方の笑顔に、緊張感も少しほぐれました。そして、担当してくださったのが、伊庭由夏先生です。先生は、私の今の生活状態、部分入れ歯に対する希望などを聞いてくださいました。丁寧で納得のいくカウンセリングを受けることができ、やっと信頼できる先生に巡り会えたような感覚でした。

ただ、私は遠方在住であり、東京までの通院は大変です。先生からは、私の今の状態では、一部ではなく口の中全体の、かなり大掛かりな治療が必要であること、状況によっては、更に大きな治療になることをご説明いただきました。時間も費用もかかるのです。ですが、こちら以外、心を動かされる歯科医院はなく、後悔したくない、健康になりたい、という一心で、治療していただくことを決断しました。先生は遠方からの通院の私のため、無理がなく効率的な治療計画を立ててくださり、毎週二日間の治療が始まりました。

治療前の確認は、姿勢、口の開け方、目や唇の位置のチェック、開口時の大きさの計測など、今までの歯科医院では体験したことのない多くのものでした。
そして精密な型取りも、経験のないことで、だからこそ各人にピッタリの義歯が完成するのだと、ますます期待感、信頼感が増していきました。

歯医者さん、というと、痛い、怖い、緊張する、キーンという音‥痛くならなければ行きたくない所、という印象です。
けれども伊庭先生の治療はそんなことはないのです。無痛ではありませんし、キーン、もあります。ですが、痛みは最小限に抑えられ、治療の間、適度に休んでくださり、今はこういうことしていますよ、このくらいまで終わりましたよ、もうすぐ終わりですよ、と、今どんな治療を受けているのか、説明しつつ治療を進めてくださるのです。
そして、治療中の衛生士さんのサポートもとても快適で、不快感も不安感もなく治療を受けることができました。
長時間口を開けたまま、何をされているのかわからず、治療後は、疲れて顎が痛くなるような、今までの歯科医院の治療とは全く違う、患者側のことを第一に考えてくださる治療でした。

おかげさまで不安でいっぱいだった抜歯も無事に終えることができ、抜歯後の生活を考え、すぐに付けられるよう仮義歯の手配もしていただき、不自由なく過ごすことができました。人に気付かれることもなく、使い勝手も良く、少しずつ、右の歯でも噛むことができるようになっていきました。

綿密で効率的な治療計画の下、治療は進み、二つ目の仮義歯を入れることになりました。技工士の高木先生が作ってくださったその仮義歯は、見たことのない斬新なかたち。両側の歯に引っ掛けるタイプなので、金具はありますが、付けてみるとほとんど気になりません。そして隙間がまったくないのです。初めての金属床も、思っていたよりずっと気にならず、更に食事も快適になりました。

あまりの使い良さに、もうこの仮義歯でも良いくらい、と思うほどでしたが、伊庭先生の、最終的なものはもっと良いですよ、の言葉に、また期待感が高まりました。
そして出来上がった義歯は、まさに世界で一つだけの私の歯で、まるで本当の歯のように感じられる、すごいの一言しか出てこない、私にピッタリの物でした。

高木先生自ら色も見てくださり、単色だけではない、私に合った、本当の歯と変わらないほどの絶妙な色加減。伊庭先生が提案してくださったデザインも、私の口元にとてもよく合っていて、年齢も若返ったような気がしました。
何より、なんでも噛むことができ、食事を楽しめるようになりました。物が挟まることなどなく、食べ物がとても美味しく感じられます。憂鬱だった職場の懇親会や、友人たちとの食事会も、もう億劫ではありません。
人の目が気になってしていたマスクも、しなくても平気になり、歯を見せて笑うことにも抵抗がなくなりました。
非対称だった頰も、目、唇の位置も、少しずつ回復してきました。発音にも不自由さを感じず、肩こり、頭痛も軽減し、今まで暗い生活を送ってきたけれど、第二の人生が始まったような感じです。
それも、とても健康的な。

あの時決断をして、稲葉歯科医院に出会わなければ、今頃まだ毎日悩み、不健康な生活を送っていたと思います。

伊庭先生には、まだ予断を許さない部分も残ってはいますが、義歯が出来上がり、これで終わり、ではなく、何かあったら、その時はまたその時々で対処していきましょう、と言っていただき、これからも安心して過ごしていけると、ありがたい気持ちでいっぱいです。

上の歯を全部失ってしまっても仕方ないような末期的な症状の私に、最善の治療を施してくださった伊庭先生、噛める、笑える、気付かれない、最高の義歯を作ってくださった高木先生、わかりやすい歯周病のお話、義歯のお手入れのコツ、丁寧で的確なブラッシング指導をしてくださった、戸ヶ崎さんはじめ衛生士の皆さま、受付でいつも笑顔で迎えてくださった皆さま、本当にありがとうございました。ただただ感謝に堪えません。

一部だけじゃなくて、全部の歯が頑張ってくれてますよ、とおっしゃった伊庭先生のお言葉を忘れずに、今後は、頑張ってくれている全部の歯が、一箇所だけ疲れたり、辛い思いをしないよう、お手入れに励み、一生大切に使っていこうと思っております。

稲葉歯科医院の皆さま、本当にお世話になりました。
これからもお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。

ブリッジが外れてしまうのが怖く、何年も前歯を使えない状態です。(40代女性)

Q.上下の歯共に重度の歯周病で、特に上の前歯のブリッジは取れては付けてもらうの繰り返しでした。通院している歯科医院の先生からは、その度に部分入れ歯を勧められたものの、入れ歯にはとても抵抗があり、ブリッジが取れてしまうのが怖く、何年も前歯を使えない状態が続きました。
先日、揺れが気になり、歯科医院に行ったところ、金具付きの部分入れ歯となってしまいました。あまりにも目立つので、金具が見えるのが嫌だと伝えたところ、見えてしまうのは仕方がないと言われました。
毎日、マスクをして過ごさなくてはいけません。
金具が見えずに、治せる方法はありますでしょうか。

A.前歯はコミュケーションを取るために非常に大切である事はもちろんのこと、噛み合わせのバランスを取るためにも重要な役割を担っています。

車で例えると、前歯はハンドルのような役割があり、臼歯の車輪はそれに伴い機能するのです。

特に前歯を支えに金具をつけた部分入れ歯にしてしまうと、金具を軸にして支えている大切な歯までも動かしてしまい、結果失なってしまう事になりかねません。

審美的にも美しく患者様が取れてしまったらどうしようと言う不安を解決できる方法があります。

ドイツで開発されたテレスコープ義歯です。

残っている歯の状態に応じて、リーゲルテレスコープ、コーヌスクローネ、レジリエンツテレスコープという方法を選択し、患者様に合った最善の方法をご提案することができます。

当院顧問、稲葉繁先生が客員教授を務めていたドイツ、チュービンゲン大学では、1967年からクラスプ義歯(金具が付いた部分入れ歯)は使われていません。

なぜなら、金具やバネ(最近よく見るシリコンのようなものも含め)は、確実に歯が悪くなっていくのがわかるからです。

ドイツや先進諸国に比べ日本は大きく遅れをとっているのが現状です。
情報や技術は常に変化、進化しています。

implant02.jpg

今後は、インプラントをやりたくない方や怖い、インプラントができないと言われた方にとって求められる技術となるのではと思います。

部分入れ歯により、食べ物が挟まることなく、美味しく感じることができるため、職場での懇親会、お友達との食事会も楽しむ事ができるでしょう。

また、人の目が気になり、つけていたマスクも外して、素敵な笑顔を見せていただくことができるため、気持ちも明るく前向きに健康的な生活を取り戻すことができます。

comparison04.jpg

稲葉歯科医院では、歯科医師の他に歯科衛生士が優しく患者様のサポートをさせていただき、患者様に1番お似合いな口元を創り出す歯科技工士と共に、皆で最善の方法をご提供させていただきます。

治療後の快適な歯の状態により第二の人生を歩んでいただきたいと思います。



2017年11月28日 « トップへ » 2018年1月29日


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP