トップへ » インプラント以外の方法は?(40代女性)

インプラント以外の方法は?(40代女性)

Q. 25年前、高校生の時に左下6番を抜歯したため20歳代でブリッジになりました。5年前ブリッジの支えになっていた左下の7番がだめになり抜歯。歯周病もあり、インプラントするには骨が足りないということで入れ歯にしました。 保険で作った部分入れ歯で、とても違和感があります。
以前インプラントもすすめられましたが、やはりインプラントには抵抗があります。

インプラント以外の治療法で良い方法があれば教えていただきたいと思います。

A.最近インプラントに抵抗があり、できることならしたくないという相談をうけることが多くなってきました。インプラントは条件が整っていればすばらしい技術です。 しかし、全ての方の条件が整っているわけではありません。実際、骨の量、喫煙、全身疾患そして歯周病などの問題があるため、すべてがインプラントで対応できないということは事実だと思います。
インプラント以外の方法
40歳代でインプラントを入れたとして10年後、20年後、30年後どうなっているかということも考慮しないといけません。奥歯を2本失ってしまったということですね。

バネがなく、しっかり噛めるリーゲルテレスコープ
当院で一番行われているリーゲルテレスコープによる2本分の部分入れ歯についてお伝えします。

通常保険の入れ歯は金属のバネで支えますが、審美性が悪い、入れ歯が動くという欠点があります。当院のリーゲルテレスコープは入れ歯に小さな鍵のような装置を付け、この鍵の開閉によって入れ歯が簡単に着脱できるようなしくみになっています。そのため、金属のバネはありません。
リーゲルテレスコープ
また、保険の入れ歯は簡単な金属のバネで歯をつかんでいるため、かんだ時の入れ歯の沈み込み、(動き)はとても大きいです。それが直接歯に伝わるため、結果的に歯を揺らしてしまい、グラグラ揺れてしまいます。それに比べ、リーゲルテレスコープは土台となる2本の歯を連結固定、その上に2重に歯を被せてます。鍵をしめることでしっかり入れ歯を固定します。

リーゲルテレスコープによるかんだ時の入れ歯の沈み込み(動き)は300ミクロンです。
そのうち土台となる歯にかかる動きは120ミクロンのため、ほとんど土台に負担がかかりません。

もちろん、しっかりと噛むことができて、審美的にも優れているということが特徴です。
最近クラスプ(バネ)がみえない、シリコンのような部分入れ歯がでてきましたが、どのくらいの歴史、症例があるのでしょうか。見かけはよくてもしっかり噛めて機能しないと意味がありません。

「合わなかったら返品可能」と書いてあるホームページも⾒かけますが、そんなに簡単に製作できて返品できる入れ歯もどうかと思います。

リーゲルテレスコープは製作過程、方法ともに精密なため、出来上がりまで4カ月5か月かかることもあります。患者さまのオーダーメイドの歯なのでどうしても時間はかかります。
リーゲルテレスコープはインプラント同様、しっかり自分の歯として使うことができると言ってもよいでしょう。

リーゲルテレスコープ


トップへ » インプラント以外の方法は?(40代女性)


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP