«  2017年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年12月11日

40代の方の入れ歯について

40代というと、年齢的にとても若いです。

ということは、これから先10年後、20年後、30年後を見据えて考えないといけません。

治療の方法によって、さらに歯を悪くするのか、残っている歯をできるだけ長く保つことができるかの分かれ道になります。

そして、若いあなたの入れ歯が他人から見てわからないようにすることが大切なのは言うまでもありません。

若い方のほとんどがインプラントを選択するのはこのような理由からでしょう。

実は、入れ歯でも他人から見てわからないようなものがあるのをご存じでしょうか?

しかも、自分の歯と同じようにしっかり噛むことができます。

それは、テレスコープシステムというドイツで開発された入れ歯です。

当院で入れ歯の相談をされる方の中には、若い方も非常に多いです。

ほとんどがこのテレスコープシステムで、機能を回復し、見た目にもわからないため、非常に満足いただいております。

はじめての入れ歯は、不安は大きいと思います。

入れ歯ははずかしいものではありません。

歯がない状態を気にして、食事や会話、人とのコミュニケーションを避けることのほうが苦しいのでは?

入れ歯になる年齢は関係ありません。

はやく今の状態を解決して、これからの人生をより楽しく充実したものにできれば素晴らしいと思いませんか? 

入れ歯をはじめて使うことに不安がある方のお話を聞いていると、

◆笑った時に入れ歯についている金具がみえるのがはずかしい。

◆家族や友達、恋人に知られたくないので、できるだけ入れ歯を外したくない。

という意見が多いです。

これらを解決できるテレスコープシステムとはどのようなものでしょうか?

◆笑った時に入れ歯についている金具がみえるのがはずかしい。

当然です。

入れ歯を支えている金具は前歯にかかるため、どうしてもみえてしまいます。

細い金具とはいえ、やはり目立つため、いかにも入れ歯を入れているという感じがしてしまいます。

入れ歯にもたくさんの種類があります。

患者さんの中には金具がみえるのが嫌だから、インプラントにしたとの意見をよく聞きます。

ですが、金具がみえない自然な入れ歯があったら・・・・

インプラント以外のもう一つの選択肢として考えることができますよね。

当院でお勧めしている方法は、テレスコープシステムというドイツで開発された技術の入れ歯です。

金具がないため、入れ歯であることがわからないばかりか、よく噛めるため、ご自分の歯の一部として使っていただいております。

最近ではインプラントをしたくない方も増えてきています。

当院では、歯を失った方にインプラントと、テレスコープシステムを患者さんにお伝えしていますが、テレスコープシステムを選ばれる方がほとんどです。

ドイツでは100年以上の歴史がある入れ歯ですが、日本ではまだ広まっていません。

 

◆家族や友達、恋人に知られたくないので 、できるだけ入れ歯を外したくない。

そうですね。

入れ歯を外すタイミングは歯磨きをする時のみと思っていただければと思います。

外出時、外すタイミングがなければ、お口をゆすいでいただくだけでも構いません。

テレスコープシステムによる入れ歯は夜寝るときに外す必要はありません。

夜、歯がない状態で、家族にみられるのが嫌だというのは普通当たり前のことです。夜寝る時、粘膜を休めるといいますが、その粘膜を圧迫するような入れ歯ではないためその必要もありません。

お友達や、恋人と話をしていても、歯に意識が集中して会話が楽しめないなんてつまらないですよね。

今この時期に、しっかりとした方法を選択することで、将来できるだけ自分の歯を守ることができるチャンスです。

無料相談もおこなっていますので、お気軽にご相談ください。

2010年12月 6日

Q.40代の方は、どのような入れ歯をつかっているのでしょうか?

 私はまだ40代なのですが、奥歯が上下ともありません。今までどうしても入れ歯には抵抗があり、奥歯がない状態でなんとか過ごしてきました。最近、歯科 医院で奥歯がないと顎の具合が悪くなってしまうと聞いたのと、全体的に歯の具合もよくないので、できるだけ自然な入れ歯があれば、使ってみたいと思いま す。

 

A.40代というと、年齢的にとても若いです。

ということは、これから先10年後、20年後、30年後を見据えて考えないといけません。

治療の方法によって、さらに歯を悪くするのか、残っている歯をできるだけ長く保つことができるかの分かれ道になります。

そして、若いあなたの入れ歯が他人から見てわからないようにすることが大切なのは言うまでもありません。

若い方のほとんどがインプラントを選択するのはこのような理由からでしょう。

実は、入れ歯でも他人から見てわからないようなものがあるのをご存じでしょうか?

しかも、自分の歯と同じようにしっかり噛むことができます。

それは、テレスコープシステムというドイツで開発された入れ歯です。

当院で入れ歯の相談をされる方の中には、若い方も非常に多いです。

ほとんどがこのテレスコープシステムで、機能を回復し、見た目にもわからないため、非常に満足いただいております。

30代、40代ではじめて入れ歯を使う方の中には、今回のご質問のように奥歯の歯を失って入れ歯にするか非常に悩まれている方が多いです。

はじめての入れ歯は、不安は大きいと思います。 

入れ歯をはじめて使うことに不安がある方のお話を聞いていると、

◆笑った時に入れ歯についている金具がみえるのがはずかしい。

◆家族や友達、恋人に知られたくないので、できるだけ入れ歯を外したくない。

という意見が多いです。

これらを解決できるテレスコープシステムとはどのようなものでしょうか?

◆笑った時に入れ歯についている金具がみえるのがはずかしい。

当然です。

入れ歯を支えている金具は前歯にかかるため、どうしてもみえてしまいます。

細い金具とはいえ、やはり目立つため、いかにも入れ歯を入れているという感じがしてしまいます。

入れ歯にもたくさんの種類があります。

患者さんの中には金具がみえるのが嫌だから、インプラントにしたとの意見をよく聞きます。

ですが、金具がみえない自然な入れ歯があったら・・・・

インプラント以外のもう一つの選択肢として考えることができますよね。

当院でお勧めしている方法は、テレスコープシステムというドイツで開発された技術の入れ歯です。

金具がないため、入れ歯であることがわからないばかりか、よく噛めるため、ご自分の歯の一部として使っていただいております。

最近ではインプラントをしたくない方も増えてきています。

当院では、歯を失った方にインプラントと、テレスコープシステムを患者さんにお伝えしていますが、テレスコープシステムを選ばれる方がほとんどです。

ドイツでは100年以上の歴史がある入れ歯ですが、日本ではまだ広まっていません。

詳しくは、こちらのホームページをご覧ください。

http://www.ireba-inaba.jp/

◆家族や友達、恋人に知られたくないので 、できるだけ入れ歯を外したくない。

そうですね。

入れ歯を外すタイミングは歯磨きをする時のみと思っていただければと思います。

外出時、外すタイミングがなければ、お口をゆすいでいただくだけでも構いません。

テレスコープシステムによる入れ歯は夜寝るときに外す必要はありません。

夜、歯がない状態で、家族にみられるのが嫌だというのは普通当たり前のことです。夜寝る時、粘膜を休めるといいますが、その粘膜を圧迫するような入れ歯ではないためその必要もありません。

お友達や、恋人と話をしていても、歯に意識が集中して会話が楽しめないなんてつまらないですよね。

ご自分の一部として考えていただけるような、違和感のない入れ歯がテレスコープシステムです。

今回の質問の方は奥歯がない状態で慣れてしまっているようですが、顎の関節を痛めてしまう可能性があります。

食べ物をすりつぶす作業を小臼歯で行っているため、将来的に小臼歯に負担がかかり、歯を失う原因にもなるかもしれません。

今この時期に、しっかりとした方法を選択することで、将来できるだけ自分の歯を守ることができるチャンスです。

無料相談もおこなっていますので、お気軽にご相談ください。

2010年3月10日


Q.若いのに入れ歯という人いるのでしょうか?

30代後半で歯周病と診断されました。長年、虫歯や腫れや痛みに悩まされてきて,通っていた歯医者では歯周病とも言われず定期的な歯石取りだけでの通院でした。意を決して歯医者を変わった先でそう診断されました。上の両奥歯から3本ずつとも骨が溶けててもう持たないと言われショックを受けています。他の歯も骨がとけはじめていると言われました。インプラントをするには骨がうすいから難しいそうです。若いのに入れ歯という人いるのでしょうか?

A.若い方の入れ歯の質問をよくうけます。

「若いのに入れ歯なんてはずかしい。」

「友達にも家族にも相談できない。」

「歯科医院で相談をするのがこわい。」

という方、実はたくさんいらっしゃいます。
歯が悪くなってしまったことがご自分でもよくわかっているのだけど、相談できずに悩んでいる方が多いです。

最近、患者様の質問に歯科医が回答するサイトの回答者になっているのですが、若いかたの入れ歯にするか、インプラントにするかという相談が非常に増えてきています。

ほとんどの歯科医院では9割の先生はインプラントをおすすめしていると思います。

当院はその他の1割、入れ歯をおすすめしている歯科医院です。

当院の入れ歯は入れ歯先進国ドイツで開発されたテレスコープシステムを取り入れています。
詳しくはこちらのHP(ココぽちっと押してください)を見てみてください。
今までの入れ歯のイメージとはまったく違います。
歯にひっかける金具も見えません。
食事をしているときにはずれてしまうこともありません。
インプラント同様、審美的にも優れています。
夜寝るときも外す必要がありません。
ご自分の一部として使っていただけます。

奥歯が1本2本失ってしまったぐらいでしたら、インプラントのほうがいいかもしれませんが、すでにたくさんの歯を失ってしまっている場合、すべてインプラントにすることのリスクも考えないといけないと思います。
インプラント治療の世界最長は40年。30代でインプラント治療をたくさん入れたとすると、40年後、70歳のときどうなっているのか・・・・
その点、テレスコープシステムは修理をしながら長く使える入れ歯です。
しかも入れ歯であることが他人から気がつかれません。
当院では20代後半からお年を召した方までテレスコープシステムで治療をされた患者様がたくさんいらっしゃいます。
20代後半で当院のリーゲルテレスコープで治療をされた患者様は現在7年経過していますが、修理もなく毎月メンテナンスにいらしていただいております。
よく食べれるようになったので、だいぶ太ってしまったとおっしゃっていました。
若いのに入れ歯になってしまってはずかしいということはありません。
メールでの相談も受け付けております。
どうぞお気軽に連絡いただければと思います。
入れ歯無料相談←ココぽちっと押してください。

30代、40代の方へ
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
稲葉歯科医院 院長 稲葉由里子 顧問 稲葉繁

稲葉歯科医院
院長 稲葉由里子

昭和44年に父、稲葉繁(現・顧問)が文京区伝通院で稲葉歯科医院を開業、平成11年に場所を移して秋葉原で新しく開業しました。

「入れ歯が合わず、食べたいものが食べられない」
「口を開けると金属のバネが見えるのがいやだ」
「うまく発音できないので、しゃべるのがおっくう・・・」

このような入れ歯のお悩みをお持ちの方、多いのではないでしょうか。

当院では、入れ歯の本場ドイツで直接学んだ技術を活かし、つけていることを忘れるくらい、自分の歯のように何でも噛めて、笑顔に自信がもてる入れ歯を作っております。

プライベートブログ