トップへ » 入れ歯をはめているとうまくしゃべることができないのでは?

入れ歯をはめているとうまくしゃべることができないのでは?

総入れ歯では上あごの入れ歯の形が厚いと、舌の動きのじゃまをするため、発音がむずかしくなります。
下あごの入れ歯の形を舌の奥まで伸ばしてしまうと、舌の動きのじゃまをするため、同じく発音がむずかしくなります。

上下顎同時印象法による総入れ歯、テレスコープ義歯では、舌の動きをじゃましないように研究されていますので、発音がしやすくなります。
実際に当院の患者さまで、総入れ歯を入れた後も英語を問題なくお話になる方もおられます。


トップへ » 入れ歯をはめているとうまくしゃべることができないのでは?


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP