トップへ » コーヌスクローネという入れ歯について

コーヌスクローネという入れ歯について

Q.65歳の母の入れ歯の件で質問です。保険の入れ歯に馴染めないまま5年が過ぎ、今回コーヌスクローネという入れ歯を検討しています。

院外の医療機関とも連携
下の歯のブリッジは放ったままの状態、上の総入れ歯は外出時のみ付けるという生活でした。痛みや話しにくさ、噛みにくさがあるようです。今回入れ歯に精通した歯医者さんを探し、相談してみたところ、下の歯は4本残すことができ、コーヌスクローネの入れ歯の選択もあると言われました。

1)コーヌスクローネの入れ歯が、保険の入れ歯に比べて装着感の良い物か。どの点で違いがあるのか。(保険の歯で馴染めない人でも、コーヌスクローネの入れ歯なら使える人が多いのか)
2)長期間使える物なのか、保険の入れ歯と比べてどうか。
3)現在の歯医者さんは、もしお金をかけるとしても、上の総入れ歯は保険で作り、下は、利用できる歯を利用してコーヌスクローネで作るのはどうか?と言われています。両者にかける値段が随分違いますが、大丈夫でしょうか。

A. まず、コーヌスクローネという入れ歯を聞きなれない方がほとんどだと思いますのでどのような入れ歯かお伝えしたいと思います。

コーヌスクローネはドイツで開発された入れ歯です。テレスコープ義歯というたくさん種類のある入れ歯のひとつで、130年以上もの歴史があります。
コーヌスとは円錐形の意味で、歯に直接接着させる内冠と入れ歯の本体、外冠により構成されています。(二重に被せる方法)

内冠は円錐形で角度は6度(コーヌス角)、維持力は内冠、外冠のくさび力によります。
同じ形の紙コップを重ねると、ぴったりくっついて離れなくなる現象をイメージして頂けるとわかりやすいかもしれません。装着の最後で内冠と外冠がすっとはまると、はずれなくなります。この角度は歯の状態により調整することができます。
はずし方は入れ歯に指がかかるくぼみを作っておいて、それを持ち上げるとはずれます。

コーヌスクローネは日常の生活ではずれてしまうことはまずありません。
基本的にコーヌスクローネは神経のある歯に適応されます。というのは維持力が直接歯にかかるため、入れ歯の取り外しのときに神経のない弱い歯だと、土台ごと抜けてしまう危険性があるからです。

また、歯の残っている場所によっては禁忌症もあるので、しっかりとした診査、診断、治療計画が必須です。適応を間違わなければ何十年も使える優れた入れ歯です。

それでは質問にひとつずつお答えします。

1)コーヌスクローネの入れ歯が、保険の入れ歯に比べて装着感の良い物か。どの点で違いがあるのか。
(保険の歯で馴染めない人でも、コーヌスクローネの入れ歯なら使える人が多いのか)

入れ歯保険の入れ歯との装着感は全く違います。通常4本の歯が残っていると、日本の保険で作られる入れ歯はクラスプという金属のバネをつかったものです。
クラスプと歯は密着していますが、接着はしていません。そのため入れ歯が動きます。

入れ歯が口の中で動くと気になり、異物感があります。
それに比べて、コーヌスクローネは内冠、外冠のくさび力でしっかり固定されるため、口の中で入れ歯が動くことがありません。そのため、保険の入れ歯に馴染めない方でもしっかり自分の体の一部として使うことができます。

2)長期間使える物なのか、保険の入れ歯と比べてどうか。

院外の医療機関とも連携保険の入れ歯はバネをかけている歯が抜けてしまうとすべて作り直しが必要です。日本では合わなかったり壊れたりすると何度も作り直しをしますが、このドイツの入れ歯は一度作ったら、修理しながらずっと使うことが可能です。長期間使うための入れ歯といってもいいでしょう。

3)現在の歯医者さんは、もしお金をかけるとしても、上の総入れ歯は保険で作り、下は、利用できる歯を利用してコーヌスクローネで作るのはどうか?と言われています。両者にかける値段が随分違いますが、大丈夫でしょうか。

せっかく下の歯をしっかり治すのであれば、上の歯もそれに合ったものでなければ意味がありません。上下の歯は対になっています。
下の歯がいくら丈夫でしっかりしていても、上の入れ歯が落ちてくるようなものなら食事もできないし、しゃべることもできません。

また、保険の入れ歯とは材質も全く違います。コーヌスクローネに使用される人工の歯はDr.Strack設計の機能的で美しさも兼ね備えたものです。 患者さまの肌の色、顔の輪郭、などを参考にして選択します。

入れ歯保険の入れ歯の人工の歯は、とてもやわらかいプラスチックです。
上の入れ歯を保険、下の入れ歯をコーヌスクローネとなると、別々の技工所で製作するため、完成して合わせるのが非常に難しくなります。
コーヌスクローネに合った入れ歯を同じ材質で、咬合器(かみ合わせの器械)を使用して作ることをおすすめします。

コーヌスクローネについてより深く知りたい方はこちらのページをご覧ください。歴史や活用方法について書かれています。

見た目に美しい入れ歯コーヌスクローネについて


トップへ » コーヌスクローネという入れ歯について


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP