トップへ » 30代、40代の若い方の入れ歯について

30代、40代の若い方の入れ歯について

Q.若いのに入れ歯という人はいるのでしょうか?
30代後半で歯周病と診断されました。長年、虫歯や腫れや痛みに悩まされてきて、通っていた歯医者では歯周病とも言われず定期的な歯石取りだけでの通院でした。意を決して歯医者を変わった先でそう診断されました。上の両奥歯から3本ずつとも骨が溶けててもう持たないと言われショックを受けています。他の歯も骨がとけはじめていると言われました。インプラントをするには骨がうすいから難しいそうです。若いのに入れ歯という人はいるのでしょうか?

A.若い方の入れ歯の質問をよくうけます。若い方の入れ歯について
「若いのに入れ歯なんてはずかしい。」
「友達にも家族にも相談できない。」
「歯科医院で相談をするのがこわい。」

という方、実はたくさんいらっしゃいます。
歯が悪くなってしまったことがご自分でもよくわかっているのだけど、相談できずに悩んでいる方が多いです。

最近、若い方の入れ歯にするか、インプラントにするかという相談が非常に増えてきています。当院の入れ歯は入れ歯先進国ドイツで開発されたテレスコープシステムを取り入れています。今までの入れ歯のイメージとはまったく違います。歯にひっかける金具も見えません。食事をしているときにはずれてしまうこともありません。インプラント同様、審美的にも優れています。夜寝るときも外す必要がありません。ご自分の一部として使っていただけます。

テレスコープは修理をしながら長く使えるので、若い人にもおすすめ
奥歯を1本2本失ってしまったぐらいでしたら、インプラントの方がいいかもしれませんが、すでにたくさんの歯を失ってしまっている場合、すべてインプラントにすることのリスクも考えないといけないと思います。

インプラント治療の世界最長は40年。30代でインプラント治療をたくさん入れたとすると、40年後、70歳のときどうなっているのか・・・・

その点、テレスコープシステムは修理をしながら長く使える入れ歯です。しかも入れ歯であることが他人から気付かれません。

また、テレスコープシステムは、固定効果があるため、これ以上歯を失いたくない、負担をかけたくないと思われている方に最適な方法です。

当院では20代後半からお年を召した方までテレスコープシステムで治療をされた患者さまがたくさんいらっしゃいます。
20代後半で当院のリーゲルテレスコープで治療をされた患者さまは現在12年経過していますが、修理もなく毎月メンテナンスにいらしていただいております。
よく食べられるようになったので、だいぶ太ってしまったとおっしゃっていました。

若いのに入れ歯になってしまってはずかしいということはありません。
メールでの相談も受け付けております。
どうぞお気軽に連絡いただければと思います。

30代の入れ歯について
患者さまの声(30代の方の感想文もあります)
入れ歯 無料相談


トップへ » 30代、40代の若い方の入れ歯について


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP