トップへ » 30代、インプラントと総入れ歯どちらがよいでしょうか?

30代、インプラントと総入れ歯どちらがよいでしょうか?

Q.30代後半ですが重度の歯周病で、左上4本、下の前歯の歯しか残っていません。

インプラントと総入れ歯どちらがよいか 残っている歯もグラグラで接着剤のようなもので固定してあります。

現在、金属の金具がついた部分入れ歯を使っています。なんとかならないものかと、何件かの歯科医院で診てもらいました。

1件目では、残っている下の歯を全部抜歯し、入れ歯のインプラントにするしかないとの診断。

2件目では、上はインプラント4本で入れ歯を固定、下はインプラントも6本でブリッジがいいですが、かなりの金額になってしまいます。とても話しづらく食事もとても食べづらいです。

仕事にも影響が出てしまっています。(営業の仕事です。)マスクが手放せなくて人前で笑う事もできません。毎日がとても苦痛です。総入れ歯か、インプラントか自分でもどのように決断してよいのかわからなくなってしまっています。

どちらがよいのでしょうか?

A.将来的に上下ともに総入れ歯になる可能性があります。
入れ歯にするか、インプラントを使った入れ歯にするか。ということなのですが、この場合、インプラントを使った総入れ歯はあまり意味がないと思います。なぜなら、ご自分の歯が残っていた時と同じ状態がインプラントを入れても繰り返される可能性があるからです。

さらに、かなりの数の本数のインプラントが必要になるということと、重度の歯周病のため骨の厚みが薄いことが予想されるので、あなたの骨にも負担は大きいです。

インプラントをしなくてもしっかり噛めるようになる方法
  インプラントをしなくても、口のまわりの筋肉を利用し、製作する方法で非常によい結果を得ています。ドイツで開発されたシュトラックデンチャーを原型とする、「上下顎同時印象法」という方法です。

型取り

この方法は上下一度に型取りをして、右の写真のように、口の周りの情報をすべてコピーできる方法です。型取りの最中につばを飲み込んでもらうのですが、これによって食事をするときと同じ状態を再現することができます。口の周りの筋肉に支えられた総入れ歯は吸着がいいです。またウォーターフイルム現象(ガラス板を2枚重ねその間に水を挟むと取れなくなる仕組み)によって取れないようにします。


機能性はもちろん、審美性も兼ね備えたシュトラックデンチャー

残念ながらすべての歯を失ってしまった方、骨が薄くなってしまうため口元が痩せてしまい、年齢よりも老けてみられがちです。

インプラントと総入れ歯どちらがよいか上下顎同時印象法による、シュトラックデンチャーは内側からボリュームをだすことができるため、自由に口元を作る事ができ、若々しい表情を取り戻すことができます。

インプラントは骨の厚みがある内側に植立するため、元々の歯の位置に再現することは難しく、内側からボリュームをだすことができないため、どうしても、口元が痩せたイメージになってしまいます。

入れ歯になったことで内気になってしまったら、今後の人生楽しめなくなってしまいます。口元は、食事をすることだけではなく、コミュニケーションにおいて非常に大切だということは、言うまでもありません。入れ歯であることを忘れてしまうほど、自然な入れ歯なので、安心して使っていただけます。


どのように製作をするのか、稲葉歯科医院顧問の稲葉繁先生が代表を務める、IPSG包括歯科医療研究会で、実際に3日間かけて総入れ歯の患者様の治療を行ったレポートがありますので、ぜひご覧になってください。

総義歯ライブ実習コース

最近では、30代40代の方々の需要も大きく、上下顎同時印象によるシュトラックデンチャーで治療をさせていただき、口元に自信を取り戻し、新しい人生を歩んでいらっしゃいます。

また、もう少し歯が残っている場合は、レジリエンツテレスコープという同じくドイツで開発された方法があるので、どうぞ諦めないでください。

レジリエンツテレスコープ


総入れ歯専門サイトを開設しました。 詳しくはこちらをご覧ください。

トップへ » 30代、インプラントと総入れ歯どちらがよいでしょうか?


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP