50代、60代の総入れ歯 | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

50代、60代の総入れ歯

50代、60代という年齢は、家族やお友達の交流が盛んであり、仕事においても責任ある立場として人前に立つ機会が多い時期です。
 

 
・家族と一緒に楽しく食事をしたい。
・人前で口に手を当てずに笑いたい。
・久しぶりに、パーティーに出席したい。
・お友達と旅行に出かけたい。

 
50代、60代には、様々な交流の機会があると思います。
 
でも、なぜか積極的に参加する事が出来ない。
 
もし、その原因が入れ歯であるのならば・・・それは、とても勿体ない事です。
 

 

これまで、自分の健康、特に歯の治療に関しては後回しになっていたのではないでしょうか。
 
・仕事が忙しくて、歯を磨く時間もなかった。
・不規則な生活で、その場しのぎの治療をしていた結果、歯を失ってしまった。
・どの歯医者さんが自分にとって良いのかわからずに、適切な治療を受ける事が出来なかった。

 
総入れ歯に関しては、他の人がどうなのか、自分と比較する事が出来ないため、噛めないが、総入れ歯とは元々こういうものなのか、歯医者さんの技術なのか判断が出来ずに困っていらっしゃるのではないでしょうか?
 
良い入れ歯の判断基準とは
 
・他人から見て入れ歯だという事が気づかれない事。
・食べ物を、前歯でかみ、奥歯ですりつぶす事ができる。
・口元が左右対象で、バランスよく筋肉がついている。
・躊躇なく発音できる。
・日常生活を問題なく送る事ができる。

 
合っていない入れ歯の判断基準とは
 
・いかにも入れ歯だという事が見た目でわかる。
・入れ歯が口の中で動くため、違和感がある。
・食事をした時に、食べ物が沢山挟まる。
・口を開くと、上の歯が落ちてくる。
・いつもどこかに痛みがあるため、定期的に調整をしている。

 
もし、合っていない入れ歯の判断基準に一つでも当てはまる事があれば、作り直しを検討されてみてはいかがでしょうか?
 
当院では、50代60代のこれからの人生が素晴らしいものとなるような総入れ歯をご提供させていただいております。

 

 

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る