入れ歯の見た目をシミュレーションする7つのステップ | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

入れ歯の見た目をシミュレーションする7つのステップ

・入れ歯だということが、見た目で気づかれないか?
・入れ歯を入れることで、表情に変化があるのではないか?
・入れ歯が完成する前に口元を確認することはできるのか?
 

 
というご質問をいただくことがありますので、入れ歯が完成する前に確認する7つのステップについてお伝えしたいと思います。
 

 
先生と患者さま、入れ歯を製作する歯科技工士の3者で行います。
 

1.入れ歯を入れてみて、まずは痛いところはないかチェックします。
 
2. かみ合わせをチェックします。
 
3.口が自然に閉じることができるか。など、かみ合わせの高さをチェックします。
 
4.正中が合っているかどうか。笑った時の歯の見え方など審美的なチェックをします。
 
5.頬の膨らみ、ほうれい線の出具合、横顔の見え方などチェックします。
 
6.上あごと入れ歯がぴったりと適合しているかチェックします。
 
7.最後に歯の色と形態のチェックをします。

 



 
例えばこちらの患者さまは、下あごはコーヌスクローネという入れ歯だったので、内冠、外冠の適合チェックを細かく行いました。
 
患者さまの歯の見え方は千差万別です。
 
歯を沢山見せたい方、口元を膨らませたい方、凹ませたい方。
 
それぞれのご希望をお聞きしながら、口元を作り上げます。
 
昨今、歯科においてもバーチャルで口元をシミュレーションするツールも出てきましたが、手間暇はかかりますが、実際の形を再現してワックスで作り上げ、実際に患者さまの口の中で確認する方が、満足いただけるものができると思います。
 
頬の膨らみ、ほうれい線の出具合などは、実際に口元に入れてみないとわからないからです。
 
歯の色や形、見え方なども同じように確認することができます。
 
万が一、患者さまのご要望と異なるようでしたら「試適」を何度か行い、ご満足いただけるような口元をご提案させていただいております。

 

このようなステップを踏み、完成を迎える入れ歯は、期待度が高まり、患者さまの笑顔を見ることが楽しみともなります。
 
こちらのページも合わせてご覧いただければと思います!
 
▼入れ歯になると見た目にすぐわかるものでしょうか?(30代前半 女性)>>>

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る