入れ歯のお手入れについて | 東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

入れ歯のお手入れについて

こんにちは。

稲葉歯科医院院長、 稲葉由里子です。

 

小平デンタルラボの小平先生立会いのもと、上顎総入れ歯、下顎はドイツ式入れ歯、レジリエンツテレスコープをセットをさせていただきました。

 

上下同時印象法による総入れ歯、シュトラックデンチャーです。

 

 

シュトラックデンチャーは下顎の形が特徴です。

 

サブリンガルルームの深さや厚み、リップサポートの形、頬棚の形、排列方法など細部まで計算された素晴らしい入れ歯です。

 

小平先生は、シュトラックデンチャーの形を完璧に製作することができる唯一の技工士だと思います。

 

 

たとえ1本でも歯が残っていたら、維持力になるため利用します。

 

 

小平先生、患者様に毎回立会いしてくださり、患者様の様子をみてくださいました。

 

 

完成した入れ歯は、患者様に本当にお似合いでした。

 

これまで、咬合高径が低く、口元のボリュームもありませんでしたが、とてもチャーミングな笑顔を取り戻されました。

 

患者様は、涙ぐんで喜んでいらっしゃいましたし、私たちも喜びのあまり同じ気持ちとなりました。

 

 

さて、ここからは、「入れ歯のお手入れの話」をお伝えしたいと思います。

 

 

歯科医師、歯科技工士、患者様とのやり取りを円滑にしてくれるのは、歯科衛生士です。

義歯装着後のお手入れの方法を患者様にお伝えします。

今回は、稲葉歯科医院の衛生士、西山さんに担当してもらいました♪

 

 

長く使っていただくためには、予防が必要です。

天然の歯と同様に長く使っていくうちに着色したり、人工の歯が欠けたりと多少変化もしてきます。

特に異常がなくても定期的に歯科医師、歯科衛生士にみてもらい、メンテナンスを受けることが、状態を良好に保ち、大切な義歯を長く使っていただけるようになります。

 

 

メンテナンスの主な内容は、お口の中の状態のチェック、歯についた汚れの除去、歯茎のマッサージ、義歯の点検といった内容を1時間欠けてしっかりとさせていただきます。

(・メンテナンス費用 ¥12.000)

 

 

「入れ歯のお手入れの話し」は治療していただいた方全てにお渡ししている小冊子です。

入れ歯のお手入れQ&A や、新しい入れ歯を使い始めた1ヶ月の典型的な過ごし方なども紹介させていただいております。

 

 

また、ご自身で行うための洗浄剤、歯磨き粉、義歯ブラシのおすすめセットも最後にお渡ししています。

長く大切に使っていただくために、治療が終わってから始まりだと思っております。

 

メンテナンスにいらしていただくと、私たちも安心なのでぜひ定期的にいらしていただきたいと思います!

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る