初めての入れ歯〜装着後3週間の様子〜 | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

初めての入れ歯〜装着後3週間の様子〜

先日、初めて当院の上下の総入れ歯を装着させていただいた患者様より、その後の様子をご連絡いただきました。
 
「初めて入れ歯を入れて、どのくらいで慣れることができるのだろう。」
 
「先生から慣れると言われたけれど、本当だろうか。」
 
と、心配されている患者様にとって、実際の患者様の経験は、とても参考になると思いましたので、許可をいただきましたので、ご紹介をさせていただきたいと思います。
 

 
ゆりこ先生、こんにちわ!昨日、娘が撮ってくれた写真です。笑顔が自然になって来ました。
 

まだ少し痛みますが、食べる事も少しずつですが慣れて来ました。生のピーマンをまるかじりした時に、こんなに美味しい野菜だったのかと、感動すら覚えました!
 
色々と報告したい事がありますが、まず最初にご報告したい事は、この義歯は(他の義歯の経験はありませんが)食べ物を噛めば噛むほど義歯が、まるで装着剤を付けたかのように密着します。
 
実は先日、デートをしました。
 
居酒屋で飲んだ時、最初に食べ物を運ぼうとした時、下の歯が外れそうになりました。咄嗟に噛み締めて口を開けツマミを口に入れて、ごく普通に噛んでいたら、どんどん密着していきます。痛みもさほど感じませんでした。
 
隙間に食べ物が入る事も、ほとんど無いです。
 
ただ、コンビニのサンドイッチを食べたとき、しっとりしたパンだけが下の歯に付き、張り付いてました。
 
でも、これは慣れるなと説明できませんが、自分でわかりました。ご飯や麺類よりも、パン類が慣れるのに多少の時間がかかるかもしれません。
 
今私は、お酒のツマミに漬物と生野菜にはまってます。
 
口の中で、ポリポリ言う音が心地いいです。焼き鳥も食べました。全く問題ありませんでした!
 
私はまだ初心者だからかもしれませんが、思いっきりほうばる事は出来ません。
 
でも、噛むごとに「これは噛む事にたけた義歯なのかも」と思いました。
 
付けた時と、食べ物を噛んだ時の違いが凄いんです。
 
まだまだ報告したいことがあります!また、メールしますね(^.^)

 
・・・・・・・・
 
患者様はとても率直に伝えてくださるので、私自身勉強になります。

装着後、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と慣れていく過程などもご報告いただけるとのことですので、シリーズ化したいと思います!
 
〜その後、患者さまより装着後5週間が経過した様子をいただきました。〜
 
デートされた方と、お付き合いをされたとのご報告です(^ ^)
 
美しい歯を取り戻された患者さまは、心も体も健康的に、また魅力的になられました。
 
初めての入れ歯〜装着後5週間の様子〜

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る