総入れ歯になる年齢について | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

総入れ歯になる年齢について

総入れ歯になる年齢について、自分は平均よりも早いのではないか。と、歯科医院への問い合わせを躊躇される患者さまがいらっしゃいます。
 
「総入れ歯になる年齢はだいたい何歳ぐらいなのでしょう。」
 
こちらは、5年に1度実施される、歯科疾患実態調査の平成28年度の調査結果です。
 

※平成28年度 歯科疾患実態調査(表16 補綴物の装着の有無と各補綴物の装着者の割合)より
 

50~54歳で全体の0.9%、75~79歳で20.1%、85歳以上で46.3%となっています。
 
この時期は、ブリッジや部分入れ歯など複数の被せ物を有しているため、総入れ歯になるまでに結果的に年齢が高まります。
 
確かに、数値だけ見ていると、30代、40代の総入れ歯は出てきません。
 
しかし実際は、当院に来院される患者さまの中には、30代半ばあたりから総入れ歯の方はいらっしゃいます。
 

 
総入れ歯になる原因は様々ですが、何故なのか考えたり、振り返っても意味がないのではないでしょうか?
 
総入れ歯になる年齢について気にするがために、歯科医院へ行かずに引きこもりがちになってしまうケースもあるため、私たちは前向きに患者さまを導く必要があると思っています。
 

 
先日、セットさせていただいた30代の患者様。
 

 
私が治療をさせていただいた、総入れ歯の患者さまは、その後かなりの確率で結婚される方が多いのです。
 
恋愛にも仕事にも積極的になることができ、人生やパーソナリティーまで変えてしまう総入れ歯により、きっと素敵な運が巡って来るのではないかと思います。
 
よろしければ、当院の患者さまの治療例をご覧ください。
 
▼当院の患者さまの治療例はこちら>>>

 

 

 

 

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る