稲葉繁先生が日本顎咬合学会で上下顎同時印象による総入れ歯の発表をしました | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

稲葉繁先生が日本顎咬合学会で上下顎同時印象による総入れ歯の発表をしました

先日開催された、『顎咬合学会学術大会』KaVo主催のランチョンセミナーで稲葉歯科医院、顧問の稲葉先生が講演をさせていただいたので、ご報告させていただきます。

 

『カボシステムによる上下顎同時印象法による究極の総入れ歯』

 

稲葉先生が開発した総入れ歯システムについて、動画を用いて講演させていただいたので、まるで、患者様の治療を実際に見ているようでした。

 

今回のランチョンセミナーは東京国際フォーラムのB7という会場で、600名座る事ができる一番大きな会場です。

 

 

400名分のお弁当のチケットもすぐに売り切れて、大盛況でした!

 

 

このように、大きな画面で素晴らしい会場でした。

 

 

なかなか素敵です。

 

 

後ろからも写してみました。

 

 

上下顎同時印象法の製作手順を説明中です。

 

 

動画も沢山大画面でご覧いただきました☆♪

 

 

そして上下顎同時印象法についてもすべて動画でご覧いただきました。

 

 

稲葉先生の総入れ歯は、KaVoというドイツの会社のプロター7という器械を使ったシステムです。

 

 

配列、そして試適です。

 

 

重合はイボカップシステム。

この重合方法を越える精度のものは未だにないと言ってもいいでしょう。

 

 

そして完成です!!

ご来場いただいた先生方、本当にありがとうございました。

 

 

KaVoのブースの様子です。

ブルーのユニフォームがとっても鮮やかで素敵でした☆

 

宣伝もバッチリでした。

 

前日に『上下顎同時印象法による総義歯』のテーブルクリニックも開催されたのですが、本当に沢山の先生方にいらしていただきました。開始30分前にすべての椅子が埋まり、一時間以上の講演をずっと立ちながら熱心に聞いてくださっている先生方を見て感激しました。

 

 

テーブルクリニック終了後も、熱心に質問をしてくださっている先生方。

やはり、総入れ歯が見直されていること、その必要性を実感します。

 

 

IPSG技工インストラクターの岡部さんにも、一生懸命対応してくださいました。

 

 

今回、感じたのは若いドクターやテクニシャンの方々が非常に総入れ歯に興味を持ってくださっている事。

 

稲葉先生に直接、いくつもの質問をされている様子も新鮮でした。

これから若い先生方にどんどん覚えていただきたいと思います☆♪

やはり、こんなに素晴らしい総入れ歯のシステムは他にはないと思うので、どうにかして広めていきたいです。

ご来場いただいた先生方、そして全力でサポートしてくださったIPSGスタッフの皆様、KaVoの方々本当にありがとうございました!!

 

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る