リーゲルテレスコープの映像途中経過

東京(千代田区)でオーダーメイドのドイツ式入れ歯「テレスコープ義歯」なら稲葉歯科医院|入れ歯ブログ

リーゲルテレスコープの映像途中経過

リーゲルテレスコープの映像の途中経過です☆

とても美しい入れ歯です。

 

 

リーゲルテレスコープのカギを閉めた状態

 

リーゲルテレスコープの鍵を開いた状態

 

 

リーゲルテレスコープはカギを閉めることで、入れ歯を固定します。

 

 

クラスプという保険治療の部分入れ歯と違って、金属の金具がみえることがなく、見ためがとても美しいのが特徴です。

 

美しさに加えて機能性も兼ね備えている入れ歯です。

従来の「入れ歯」 のイメージとは全く違うため、患者さんにもとっても喜んでいただいております。

 

関連する記事

  • 歯周病でほとんどの歯を失ってしまった方へ2018年10月9日 歯周病でほとんどの歯を失ってしまった方へ 歯周病でほとんどの歯がグラグラ、接着剤で止めながらどうにか保っていらっしゃいました。 患者さまは、40代の女性です。 […]
  • 入れ歯のデザイン2018年10月3日 入れ歯のデザイン ドイツの入れ歯、レジリエンツテレスコープや総入れ歯において、粘膜と入れ歯をピッタリと密着させるためには、重合という作業が行われま […]
  • 患者さまの口の中は変化します2018年10月3日 患者さまの口の中は変化します 今回は、患者さまのお口の中の状況の変化についてお伝えしたいと思います。 患者さまは50代女性、ドイツ式入れ歯、レジリエンツ […]

ブログトップへ戻る