上下顎同時印象による、総入れ歯のセミナーのご報告

東京(千代田区)でオーダーメイドのドイツ式入れ歯「テレスコープ義歯」なら稲葉歯科医院|入れ歯ブログ

上下顎同時印象による、総入れ歯のセミナーのご報告

こんにちは。

稲葉歯科医院、院長の稲葉由里子です。

先日開催された稲葉繁先生の総入れ歯のセミナーのご報告です。

 

少し専門的で難しいかもしれませんが、総入れ歯の歴史を皆様にお伝えしたいと思います。

 

『上下顎同時印象による総入れ歯』の原型は、ドイツのDr.Reiner Strackの入れ歯です。

Dr.Strack は、稲葉繁先生が留学していた、チュービンゲン大学出身です。

それを引き継いだのが、Dr.Hans.shleich、大の日本好きで、度々訪れていたことから、家族ぐるみで、親しくさせていただいておりました。

そして、彼が引退するときに、すべての資料を稲葉先生に託しました。

現在、Dr.Strackの入れ歯を原形のまま教えているのは、稲葉先生だけです。

 

 

現在、稲葉先生は、全国の先生方に広めています。
インプラントに頼らなくても、それ以上に満足いただける入れ歯です。

 

 

 

稲葉先生が最終印象を上下顎同時印象するシステムを開発するの大きなきっかけとなったのはDr.shleichは、彼が引退する際、彼の資料をすべて稲葉先生に託しました。

 

日本における総入れ歯の大家といわれる方々は少なからずDr.shleichの影響を受けています。

 

たとえば村岡博先生、稲葉先生も仲良くさせていただいた方ですが、晩年はサブリンガルルームを舌棚と称し、義歯の安定に重要だと主張していました。

 

阿部晴彦先生のシルラシステムのオリジナルはDr.shleichの模型を正中矢状面で付着するコーディネーターが参考にされています

 

その他染谷先生、横田デンチャーなど、数多くの人に影響を与えています。

 

今回のセミナーでは、上下顎同時印象法の歴史をたどることにより、新しい発見がたくさんありました。

オリジナルを勉強することはとても大切です。

 

オリジナルを知っていれば新しい技術に惑わされなくなります。

新しい技術のように発表されたことは、実はすでに、何十年も前に行われていることだったりします。

今回勉強した数々のスライドは決して色あせていませんでした。

 

 

このスライドは稲葉先生が Dr.shleichに提供したものです。

日本の木床義歯、蜜蝋で上下顎同時印象したもので、起源は実は日本にあったというものです。

 

 

この写真はDr.Schleichが日本に来日したときの実習風景です☆

なんだか、まわりは女性ばかり・・・・・(笑)

 

Dr.Hans Schleichの業績はどのようなものだったのでしょうか?

ヨーロッパの多くの学者の業績をまとめあげ、Ivoclarのシステムを完成させました。

 

Prof.Boettgerの開発したナソマート咬合器、Prof.marxkorsの印象トレー、ゴシックアーチトレーサー、Gnatho meterはProf.Kleinrok、人工歯OrthositはDr.Strack、そして重合方法Ivocap Systemは Dr.Schleichのオリジナルです。

 

 

 

1949年Strackは入れ歯の安定に対し、それまでのギージーによる歯槽頂間線法則を否定し、口の周りの筋肉による安定を求めました。

 

口腔周囲筋・唇・舌の力の均衡が取れるところ、即ち、もと歯が有ったところ(ニュートラルゾーン)に歯を並べると共に、頬筋・唇・舌により義歯を安定さえる方法を開発し、さらに顎機能に調和した人工歯を開発し、特許を取得しました。

 

現在使われているオルソシットという人工歯がそれです。

 

最初は陶器で有名なフュッチェンロイター社の陶器でしたが、30年前からリヒテンシュタインのIvoclar社のイソシットを使用したコンポジットの人工歯となりました。

 

人工歯が誘導し顎関節を守るというコンセプトです。

 

噛み合わせの誘導方法も一般のものとは少し異なり、側方運動では作業側は4,5の誘導と平行側では6,7番のスタンプカスプの内斜面同士で誘導します。

 

前方運動での誘導は、下顎の6番の近心頬側咬頭外斜面と上顎の5番の遠心頬側咬頭内斜面がガイドするようになっています。

型取りの方法はIvoclar からでているAccu-dentを用いております。

サブリンガルルーム、バッカルシェルフ(口の周りの筋肉)が驚くぐらいきれいにとれます。

型取りをするとき、口は必ず閉じていただきます。

 

 

 

噛み合わせの高さはウィリス法をシュライヒ先生は使っていましたが、稲葉先生はそれにダビンチの比例法も取り入れています。

 

 

 

発音のチェックも非常に大切です。

 

さ、た、ら は口蓋皺癖の音ですが、具体的にDr.Schleichはこのようなスライドをセミナーに用いていました。とてもわかりやすいですね☆

 

 

左はタ行、ナ行。右はラ行。

 

 

左はキ、右はヒの発音時に使われるところです。

これを参考に、患者様の発音をよく聞き、入れ歯の調整をするといいでしょう。

 

最後に岩田先生の実際の臨床について講義があり、とても参考になりました。

今回のセミナーの模様、写真を、Dr.Schleichにお伝えする予定です。

この写真は今年の正月に送っていただいた家族の写真です。

本当に素晴らしい業績を残されたDr.Schleich、日本が大好きなので、ぜひ、また講義を聞きたいですね!

 

 

今回ご参加いただいた先生方から感想をいただいているので、一部ご紹介いたします。

 

◆コンプリートデンチャーの歴史を学ぶことで知識の整理になった。正しい情報を正しく学ぶことが重要ですネ!!

 

◆稲葉先生のユーモアが冴えわたり、非常に楽しく受講させていただきました。総義歯にも取り組みたい興味がわきました。ライブが楽しみです。

 

◆「古きを尋ね」大変興味深く面白く拝聴しました。我々もこの歴史の流れの末端で末永く勉強してゆけるよう集中していきたいと思います。現在の大学教育の内容がもっと臨床に合ったものとなるよう先生の更なるご努力を期待しております。

 

◆印象のとり方から配列、咬合調整まで大変興味深い内容でした。今後の治療に役立てられるように努力していきたいと思います。

 

◆義歯について重要となるポイントを知ることができました。

 

◆昨年度の上下顎同時印象法による総義歯の実習ライブを稲葉歯科医院で受講させて頂いてから少しづつでもありますが、臨床に取り入れて日々診療をしております。これからも何卒宜しくお願いたします。

 

◆究極の総義歯システムが優れている理由が良くわかり大変勉強になりました。今日はありがとうございまいした。

◆とても面白かったです。実習コースにも参加してみたいと思いました。また開催されるようであれば参加させていただきたいです。

 

◆初めて参加したものですが、とても分かり易く勉強ができて、ありがとうございました。

 

◆毎回参加させていただいておりますが、今回初めて見ることが多く、また今日も大変楽しく参加することができました。少しずつではありますが、できるように楽しんで頑張っていこうと思います。感謝いたします。ありがとうございました。

 

◆国家試験には正しいことでも、実際の臨床においては間違っていることが多かった。稲葉先生が作っているような総義歯が作れるようになりたいと思った。毎回モチベーションがあがるとても貴重な講演を聞けて幸せです。ありがとうございました。

 

◆かなりハイレベルなFDの製作法で、使いこなせれば間違いなくstepup したFDが作れそうです。

 

◆大変勉強になりました。7月のライブデモのセミナー楽しみにしております。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..

 

参加いただいた先生方も、本当に勉強熱心で、充実したセミナーが開催され、うれしく思いました。

 

 

稲葉先生のダジャレに受けている先生方の様子。 会場も和やかな雰囲気でした☆♪

 

本当にありがとうございました!!

関連する記事