『総入れ歯ライブ実習コース』1日目の模様

東京(千代田区)でオーダーメイドのドイツ式入れ歯「テレスコープ義歯」なら稲葉歯科医院|入れ歯ブログ

『総入れ歯ライブ実習コース』1日目の模様

稲葉歯科医院、院長の稲葉由里子です。

7月13.14.15日『総入れ歯ライブ実習コース』が開催されたので、ご報告させていただきます。

当院顧問の稲葉繁が代表を務めるIPSGスタディーグループ、歯医者さん向けのセミナーです。

実際の患者様をお呼びして、型とりから、最後のセットまで3日間ですべてライブでご覧いただけくセミナーです。 

 

やはり、総入れ歯の製作はドクター、テクニシャンが協力して初めて患者様に提供できるものです。

今回、沢山のテクニシャンの方にご参加いただきました☆ 

 

 

今回も、稲葉先生の右腕としてタッグを組むのは、Dr.Hans Shleichの総入れ歯コースのインストラクターをつとめてきた、岡部宏昭先生です。 

一日目は講義、そして患者様の型とりです。

 

 

患者様の初診の情報を模型にしたものです。

顎の骨は極度に吸収して、真っ平ら。

普通に言われる、難症例ですね。 

 

 

上顎の模型です。 

 

 

そして、下顎の模型。

 

  

2日目の上下顎同時印象を完璧なものにするため、集中して作業をすすめました。 

 

明日はいよいよ、上下顎同時印象(上下を一緒に精密な型とりをします)です!

 

頑張りましょう(^_<)-☆ 

関連する記事

ブログトップへ戻る