『総入れ歯ライブ実習コース』2日目の模様

東京(千代田区)でオーダーメイドのドイツ式入れ歯「テレスコープ義歯」なら稲葉歯科医院|入れ歯ブログ

『総入れ歯ライブ実習コース』2日目の模様

稲葉歯科医院、院長の稲葉由里子です。

今日は『総入れ歯ライブ実習コース』の2日目、いよいよ上下顎を同時に型とりをします。

どんな感じなのでしょうか・・・

 

精密に型とりをするための、トレーの製作、そして患者様への試適を行います。

 

 

こちらが、上下を同時に型とりをするためのトレーです。

ゴシックアーチ、フェイスボートランスファー、咬合採得という入れ歯に関する情報を得るための大事な行程です。

 

 

こちらも、顎の動きを記録するし、印字するためのピンの植立です。

 

 

こちらが実際に描いた顎の動きです。

3点で描きます。

 

 

そして、いよいよ、上下顎を同時に型とりをします!

材料の量まで、詳しく解説しながら印象を採りました。

 

 

フェイスボートランスファーです。

この作業は、体の真ん中のラインをきちんと記録する方法で、歯並びが綺麗になるために大事なテクニックです。

 

 

そして、記録したお口の中の情報がこちらです!

 

 

ポイントは頬の筋肉の記録です。

印象時、患者様に「イ〜」「ウ〜」と発音をしていただき、患者様ご自身の筋肉を使っていただきます。

そして、大事なポイントが嚥下です。

嚥下、つばを飲み込むとニュートラルな位置、理想的な位置が記録できます。

 

 

そして、排列というラボサイドの作業です☆

仕事も綺麗で素晴らしいです。

 

 

そして患者様の試適です。

患者様の表情、そして先生方の表情をご覧いただいてもわかるように、完璧でした。

ここで、拍手が起きたのも、長くこのセミナーを開催して初めてだったかもしれません。

ワックスの状態で、これだけの吸着がでたことに先生方びっくりされていました。

 

 

代表で、目黒先生にも触っていただきました。

「すごいです!」

という声に、先生方から笑いが起こり、稲葉先生も岡部先生も自信満々です。

ということで、これからイボカップで重合、仕上げ、完成です!

 

明日のお昼は患者様に装着、そして一緒に食事をする予定です(^_<)-☆

関連する記事