ドイツ最新入れ歯について〜チュービンゲン大学Weber 教授のご紹介〜

東京(千代田区)でオーダーメイドのドイツ式入れ歯「テレスコープ義歯」なら稲葉歯科医院|入れ歯ブログ

ドイツ最新入れ歯について〜チュービンゲン大学Weber 教授のご紹介〜

こんにちは。

稲葉歯科医院、院長稲葉由里子です。

 

顧問の稲葉繁が代表を務めるIPSG包括歯科医療研究会が2013年で20周年を迎える事になりました。

 

IPSGとは、稲葉繁が、海外で直接、著名な先生から指導を受けたたしかな技術を日本の歯科医師に広めるために1994年 ドイツ・アルゴイ地方の歯科研修において発足した勉強会です。

今年の3月、IPSGのメンバーで稲葉先生が客員教授を務めたチュービンゲン大学を訪問させていただいたことを機会に、記念すべき20周年は、補綴科教授Prof.Dr.H.Weberをお招きすることになりました。

 

Weber教授の経歴は・・・

 

あまりに長いので、搔い摘んでお伝えさせていただきます。

 

●1990/91 チュービンゲン大学の医学部学部長、歯学部長

●1995/96 ヨーロッパ補綴学会、会長

●2002-2010 ヨーロッパ歯科技工学会会長

●2001-2004 ドイツ口腔及び頭蓋下顎学会(DGZMK)理事会長

●2005 ドイツ歯科医師会ゴールド名誉受賞

 

ヨーロッパの歯科の学会の会長を務め、世界中、ヨーロッパを中心に600回以上の発表、講師、実技講習をされているドイツ教授界トップの先生なのです☆

 

こんな素晴らしい方はなかなか招く事はできませんが、やはり稲葉繁の功績を認めてくださっての事だと思います。

 

講演のタイトルは・・・

 

『ドイツ最先端義歯とインプラントの融合』

 

なかなか魅力的なタイトルだと思いませんか?(^_<)-☆

 

こちらが、ドイツチュービンゲン大学の補綴科教授のProf.Dr.H.Weberです。
なかなか素敵な蝶ネクタイですね。
お会いするのが、楽しみです(^_<)-☆
これから数回にわたり、ドイツの最新入れ歯についてお伝えしていきたいと思います。

関連する記事