ドイツ式入れ歯、テレスコープ義歯の歴史について | 東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

ドイツ式入れ歯、テレスコープ義歯の歴史について

▼ドイツ式入れ歯テレスコープ義歯の歴史

ドイツ式入れ歯は、諸外国の中でも入れ歯において最も進んでいるとされているドイツで生まれた入れ歯治療です。

「費用がかかっても質の高い長持ちする治療を選択する」ドイツ人の考え方から生まれた正統的な治療とも言うことができ、その歴史は1886年に始まり実に130年の歴史があります。

 

また、IPSG代表稲葉繁先生が、ドイツから日本にドイツ式入れ歯、テレスコープ義歯を紹介してから30年以上経ちました。

テレスコープ義歯の歴史的誕生について、稲葉先生とのエピソード、症例などを交えてインタビューした内容です。

 

当時稲葉先生は、QDTという歯科技工雑誌の別冊として、『現在のテレスコープ・システム』という本を出版しました。

 

 

1978年、当時私(稲葉繁)がドイツに滞在した経験では、渡欧する前に持っていたドイツに関する知識と、実際生活してみて自分で経験したこととの差が大きいことに改めて気づきました。

 

歯科医療に関し、保険制度の整備がよく行われて、患者様優先、学問優先の考え方が実行され、日本ではとても健康保険ではできないような貴金属を使用したドイツの入れ歯テレスコープ義歯が盛んにおこなわれていました。

 

テレスコープの種類も多く、適材適所に様々なタイプのテレスコープが用いられ、学生実習においても基礎課程の模型実習で教育され、実際の患者様においても日常茶飯事に用いられ、驚いた経験があります。

 

貴金属を使用したテレスコープ義歯がドイツで好んで行われる理由には、ドイツの製品はあらゆるものが丈夫で長持ちするようにできているということがあげられます。

 

1つの物をつくろうとしたとき、種々の方向から検討され、最善の方法がとられることがつねです。

 

ドイツ式入れ歯、テレスコープ義歯は、その代表です。

 

古くはすでに1886年にR.W.Starrがブリッジの装置として、また1889年にPecsoによってテレスコープを使用したブリッジが考案されているので、現在までにテレスコープの歴史は130年以上ということになります。

 

 

その間、多くの先駆者たちによって、よりよい方法が追求され、研究開発が行われてきました。

 

現在のような精密なテレスコープ義歯の方法は、1929年にHäuplとReich-born-Kjenerudによって発表されています。

 

そして、その後長い間改良されてきて、さまざまな欠点を補う方法として、1968年にK.H.Körberが、フライブルグ大学に在籍していたときにKonuskrone(コーヌスクローネ)と名付け10年間の成果を発表しました。

 

ドイツにはもう一人、同名のKörber教授がいました。

Prof.E.Körberです。

 

E.Körber教授は、チュービンゲン大学の補綴学教室の主任教授でとして知られ、彼が、テレスコープ・クラウンの大家でありました。

私は彼のもとへ客員教授として招かれ、様々なことを体験する機会を得ました。

 

 

テレスコープ・システムは創立以来500年以上の歴史あるチュービンゲン大学独特の手法であったため、当時、私もドイツ国内に新しく開発した、テレスコープ・テクニックを紹介するため、バスを連ね、旅行鞄に一杯の義歯を入れて研修指導に行った思い出があります。

 

【ドイツ式入れ歯、テレスコープ義歯との出逢い】

 

ある時、医局旅行があり、南ドイツのあるお城へバスで行きました。

 

お城の城主がKörber教授の患者様だったからです。

 

 

そして、その時、お城の城主の口の中にテレスコープ義歯を応用した、取り外しが可能なブリッジが装着されてるということをはじめて聞きました。

 

 

なんと、それが20年間使われていると聞き、そのような素晴らしい方法はどのような方法なのだろう。

 

ぜひやってみたい!と思いました。

 

医局旅行から帰ってきて、早速Körber教授から城主のテレスコープ義歯のスライドを見せてもらいました。

 

城主さんのお口の中の状態です。

 

8本の歯を利用した、ブリッジタイプのリーゲルテレスコープです。

 

 

当時のKörber教授の20年症例です。

 

その製作方法は非常に複雑で、まったくわからないような構造でしたが、絶対自分のものにしたいと思い、ぜひ、やらせてほしいとKörber教授に頼みました。

 

テレスコープ義歯の一つ、リーゲルテレスコープの発案は、Dr.Strackと、技工マイスターのE.Shlaichによるものであったと、その後、Körber教授から聞きました。

 

それを改良して世に出したのがKörber教授ということです。

 

というわけで私は、ドイツではじめて実際の患者様を2例、全顎の症例を治療させていただきました。

 

 

こちらの患者様です。

 

 

型取りをしているところです。

 

 

噛み合わせの器械につけて、ワックスで形を作り、診断をしたり、仮の歯を作ります。

 

 

リーゲルのレバーがかかる部分です。

 

 

下のリーゲルテレスコープの途中経過。

 

 

ドイツで、38年前、Körber教授の指導の下、初めてドイツ式入れ歯、テレスコープシステム症例を 行った私の思い出の症例です。

その後、日本に紹介させていただき、30年以上経過しましたが、私は、当時Körber教授20年症例をいつのまにか超える結果をだすことができました。

あの時、ドイツへ渡欧していなかったら、今の私はなかったと思っています。

 

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:゜・:,。*:.。o○☆゜・:,。

 

ということで、ドイツ式入れ歯テレスコープシステムを日本に紹介した稲葉繁先生へのインタビューでした。

 

そして、すべての歯を失った方へは、同じくドイツ式総入れ歯をご提供させていただいております。

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る