目立たない入れ歯 片側リーゲルテレスコープの魅力

東京の部分入れ歯、総入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

目立たない入れ歯 片側リーゲルテレスコープの魅力

【ドイツで開発されたテレスコープ義歯】

 

今回は目立たない入れ歯 片側リーゲルテレスコープの魅力についてお伝えしたいと思います。

 

 

奥歯を2本失い、インプラントか入れ歯にするか迷われている相談をお引き受けするケースが多くあります。

 

患者さまが第一選択として考えられるのは、インプラントだと思います。

しかし、すべての方にインプラントが適応されるかというと難しいのではないでしょうか。


・骨が薄くてインプラントができないと言われた。

・骨粗鬆症のため、インプラントに高い費用を払ってもどのくらい持つか心配。

・全身疾患などがあり、インプラントではない方法で治療をしたい。

 

などの理由により、入れ歯を選択する方も多くいらっしゃいます。

 
そのような患者さまへ、金具が見えずに目立たない入れ歯『リーゲルテレスコープ』をご紹介させていただきたいと思います。

 

 

リーゲルテレスコープ義歯は失った歯の手前を2本連結することにより、入れ歯を支える仕組みになっています。

 

金具をかけた入れ歯に比べ、連結した2本の歯をほとんど揺らさないため、通常の入れ歯に比べると長持ちする構造になっており、ドイツでは長い歴史ある入れ歯として広まっています。

 


 
昨今ドイツでは、内側からリーゲルレバーという鍵の部分を加工できる方法が開発され、より目立たない部分に装置を組み込んでいます。
 

 
お口の中に入れると、入れ歯であることがほとんどわかりません。
 

 
内側の部分の鍵の開閉により、入れ歯を取り外しします。

 


 
リーゲルテレスコープは、患者さまが取り外しができる方法として、インプラントにも応用されている技術です。
 
目立たない入れ歯、ノンクラスプ、スマイルデンチャーなど、数多くあると思いますが、長期症例はほとんど見られません。

やわらかい素材であれば、臭いや汚れが染み込み劣化してしまいます。
また、割れてしまうなどのトラブルもあるでしょう。

 
壊れてしまったら、作り直しをすれば良いと思われるかもしれませんが、その時には土台となる歯を失ってしまう可能性もあります。

 

当技工所顧問の稲葉繁先生の症例では、片側リーゲルテレスコープで30年経過症例をいくつも持っています。
私は歯科医師となり20年になりますが、その間沢山の片側リーゲルテレスコープを経験しましたが、すべての患者さまのお口の中で機能しております。

もちろん、長く使っていただく間には、細かな修理もあります。
しかし、片側リーゲルテレスコープにおいて、土台となる歯を失うことはほとんどありません。

 

今後も、歯科衛生士、歯科技工士と共にメンテナンスをしながら、患者さまに長く使っていただくためのサポートをさせていただきたいと思います。

 

 

関連する記事

ブログトップへ戻る