かみ合わせとバランス

東京の部分入れ歯、総入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

かみ合わせとバランス

歯は全部で何本あるかご存知でしょうか? すべての歯がそろっている方で、28本。親知らずを入れると32本です。

 

私たちの歯はこの28本がバランスよくハーモニーを取りながら機能しています。
 
目の位置、耳の位置、肩、腰、膝の位置は床と平行であることが理想的です。
 

 
歯においてはどうでしょうか?


 
歯は頬や唇で隠れているので、わかりづらいのですが、実はかみ合わせの平面(歯並び)は左右対称で、平行であることがとても大切なのです。
 
このかみ合わせの平面のどちらかが上がったり、下がったりすると、表情はとても不自然になってしまいます。
 
また、かみ合わせのバランスが悪いと、筋肉のつき方も不均等になるため、顔の形が左右で変わってしまうこともあります。
 
バランスの良いかみ合わせをしている方は、とても素敵な表情をされています。
 
かみ合わせの悪い患者さまの特徴として、歯の異常なすり減り、歯茎が痩せている、歯の根が露出する、歯がグラグラするという症状があります。
 
この症状は年齢の増加による生理的なもので、仕方がないと思われていました。
 
また、歯がグラグラしている患者さまは歯周病のため、手術をすることもありました。
 
しかし、これらの症状がかみ合わせの不調和からきているとしたら・・・
 
一生懸命治療をしても、残念ながらいつまでたっても治りません。
 
そして、かみ合わせのバランスが崩れていると、歯や顎だけではなく、全身に悪影響を及ぼすことが知られています。
 
人間の体は、どの部分から見てもバランスが取れていて、左右、前後、どちらにも片寄らないことが理想的です。 そして、体の筋肉はお互いに緊張して均衡を保っているため、私たち歯科医師が扱う、頭の部分の影響が、肩、背、腰、足に波及することは、当然予想できることです。
 
頭のバランスを取ることは、大変重要です。
 
人間の体はとても重く、8kgもあり、頭の運搬には直立が最も合理的となります。
 
下顎骨は顎関節、筋肉、腱により連結されていますが、私たちが食事をする時に、かんだり、飲み込んだり、発音することで常に動いているため、実は顎の動きは頭に大きな影響を及ぼしています。
 
正常なかみ合わせでは、意識せず下顎が動き、筋肉のバランスがとれていますが、かみ合わせのバランスを失うことにより、様々な障害がでてきます。
 
かみ合わせのバランスをどのように保っているかということが、治療の成否を決定すると言っても過言ではないでしょう。
 

 
稲葉歯科医院では、1本の歯の治療から入れ歯やインプラント治療まで、かみ合わせを整えることを基本として治療を行なっております。
 

関連する記事

ブログトップへ戻る