ドイツ式入れ歯について | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

16年間がんばったリーゲルテレスコープに感謝

平成13年に治療させていただいたリーゲルテレスコープが、16年経過し、とうとう終わりを迎えました。

 

開業して間もなく、私が27歳の時に治療をさせていただいた大きなケースです。
 

 
技工を担当してくださったのは、院内ラボ、Labo.Intec 歯科技工士 高木清孝さん。
開業当初、20年間一緒に仕事をしてくれている大ベテランです。
 
続きを読む »

歯科技工士が主人公の映画『笑顔の向こうに』

歯科技工士が主人公の映画『笑顔の向こうに』が2019年2月に全国のイオンシネマで公開されることになりました。
 

 
公益法社団法人日本歯科医師会の全面協力もと制作された『笑顔の向こうに』は、歯科医療の現場を舞台に若者たちの成長を描いた作品。

歯科技工士が主役となる作品を見ることができるのを心から楽しみにしています。

続きを読む »

保険の部分入れ歯と自費の部分入れ歯の違いとは


<保険の部分入れ歯と自費の部分入れ歯の違いとは>

 

こちらご質問は患者さまからよくいただくご質問の1つです。

今回は、この質問に対して患者様向けにご説明させていただきたいと思います。
歯を失うと「入れ歯」という治療方法があります。

入れ歯とはピンクの人工の歯茎の上に、白い人工の歯を補っている物を指します。
そして、これらを支えるために銀色のバネを使用して、残っているご自身の歯にひっかけて、部分入れ歯がとれないようにします。

こちらが一般的な保険の入れ歯です。

 


続きを読む »

想いを込めた仕事

先日、ドイツ式入れ歯レジリエンツテレスコープをセットさせていただいた患者様より、私の義歯はルイ・ヴィトンの工房のように丁寧に作っていただいたという素敵なお言葉をいただきました。
 

ルイ・ヴィトンの工房のような・・・
 


 

それ以来、ルイ・ヴィトンについて知りたくなり、歴史や逸話などを調べてみました。
 

続きを読む »

歯周病でほとんどの歯を失ってしまった方へ

歯周病でほとんどの歯がグラグラ、接着剤で止めながらどうにか保っていらっしゃいました。
 
患者さまは、40代の女性です。
 
どうにか残す事ができたのは、上顎親しらずが1本、下顎は犬歯が2本です。
 

続きを読む »

残っている歯を守るための入れ歯のデザイン

ドイツの入れ歯、レジリエンツテレスコープや総入れ歯において、粘膜と入れ歯をピッタリと密着させるためには、重合という作業が行われます。

 


保険治療の入れ歯における重合方法は、上下に分かれるフラスコに蝋で作った入れ歯を埋没したのち、そこにレジンという材料を詰めて熱湯で重合させる方法でした。
続きを読む »

患者さまの口の中は変化します〜将来起こりうるリスクについて〜

今回は、患者さまのお口の中の状況の変化についてお伝えしたいと思います。

患者さまは50代女性、ドイツ式入れ歯、レジリエンツテレスコープで治療をさせていただくことになりました。

 

レジリエンツテレスコープの詳細についてはこちらをご覧ください。

 

▼ご存知ですか?インプラント以外の方法があります。

 

途中まで順調に治療を進めさせていただきましたが、大腿骨を骨折。

長く入院をされることになりました。

 

続きを読む »

ドイツの入れ歯 コーヌスクローネに使用される金属について

こんにちは。

Weber dental labor 稲葉由里子です。

先日、ドイツ式入れ歯、コーヌスクローネを装着された患者様からご質問をいただきました。

 

「私の入れ歯に使っている金属はどのようなものなのかしら。」

 

コーヌスクローネに関しての詳細はコチラをご覧ください。
▼見た目に美しい入れ歯コーヌスクローネ

続きを読む »

EPA ヨーロッパ補綴学会に参加しました〜後半〜

EPA ヨーロッパ補綴学会〜前半〜

に引き続き後半です。

 

 

私がスペインを訪れるのは、今回で4回目。

初めて来た時は、20年前でマドリッドの治安は非常に悪く、常に緊張した状態でした。

しかし、今回訪れてみて、治安が少し改善したように感じました。

いずれにせよ、私を含め平和ボケした日本人は格好の餌食なのだそうです。。。

 

 

すべての治療において、かみ合わせを考慮した治療はとても大切です。

続きを読む »

EPA ヨーロッパ補綴学会へ参加しました〜前半〜

先週、ヨーロッパ補綴学会へ参加しました。

定期的に、ドイツ式入れ歯、テレスコープ義歯の新しい情報を得るには最適な学会だと思います。

 

昨年は、ルーマニア開催ということで、とても遠かったのですが、今回はマドリッドだったので、乗り継ぎもなく来る事できました。

 

続きを読む »

やわらかい入れ歯からコーヌスクローネへ(70代女性)

先日、下顎コーヌスクローネのセットがありました。

患者様は70代女性、ご紹介で来院されました。

患者様は既に、やわらかいタイプの入れ歯を入れていらっしゃいましたが、食べ物が詰まりやすいということと、奥歯で噛む事ができない。

という事で、ドイツの入れ歯、コーヌスクローネで治療をさせていただくことになりました。

 

続きを読む »

16年間使って頂いているドイツ式入れ歯、テレスコープ義歯

平成14年に装着させて頂いた、テレスコープ義歯が16年経過しました。

 

患者様は、稲葉歯科医院の近くにあった、誰もがご存知の大きな会社の社長さんで、とても懐の厚い方で、当時テレスコープ義歯を治療するのは、ほぼ初めてだった私に全てを託してくださいました。

 

続きを読む »

アメリカからの患者様、一時帰国3ヶ月集中治療をさせていただきました!

こんにちは。
稲葉歯科医院院長、稲葉由里子です。

前回、「全ての歯を抜いてインプラントか総入れ歯と言われた方への対応(アメリカ在住)

からの続きとなります。

続きを読む »

入れ歯安定剤がないと、入れ歯がゆるくて痛いという方へ

こんにちは。

稲葉歯科医院院長、稲葉由里子です。

 

「入れ歯が合わない」

 

「入れ歯がゆるい」

 

「入れ歯が痛い」

 

入れ歯安定剤を常につけていないと、痛くて噛むことができないという方、沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

 

先日、急患でいらっしゃった患者様は、86歳女性。

続きを読む »

20代女性の入れ歯治療〜素敵な笑顔を取り戻す方法〜

こんにちは。

稲葉歯科医院院長、稲葉由里子です。

 

今回は、Weber dental labor 歯科技工士、石川太一さんと一緒に治療させていただいた症例をご紹介させていただきたいと思います。

 

患者様は、26歳女性、遠方よりいらっしゃいました。

 

小さな頃から歯医者さんが怖く、痛みがあっても我慢して放っておいたそうです。

 

虫歯で、奥歯3本が溶けてしまい、痛みをいつも我慢しながら噛んでいたとおっしゃいます。

続きを読む »

ブログトップへ戻る