入れ歯の素材について-部分入れ歯・総入れ歯なら稲葉歯科医院へ|東京都千代田区

自分の歯のように思える。総入れ歯・部分入れ歯の東京秋葉原、稲葉歯科医院はお一人づつに合った治療を行っています。

TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談
TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯の素材について

入れ歯の素材について

Q.稲葉歯科医院の入れ歯は当然普通の保険で作る歯と同じように硬い?ものですよね?
フレキシブルと言うのも変な言い方ですが、歯が口の様々な動きに合わせて
多少は変化?するというものではないですよね?

動きが様々なのにどんな状態にもフィットするという
イメージがよく沸かないんです


どうぞよろしくお願いします

A.当院の入れ歯は硬い素材です。

最近やわらかい入れ歯もあるようですが、簡単に空気が入ってしまい、外れやすくなってしまいます。

入れ歯が外れやすくする筋肉があります。
(咬筋、頬筋、顎二腹筋など)
それを避けて考えられた入れ歯です。
いろいろな表情をしてもできるだけ、入れ歯が外れないように工夫されています。

やはり、入れ歯が最初からピッタリ合って違和感がないというのは難しいと思いますが、使っていただいているうちに、ご自分の一部になっていくと思います。

残念ながら入れ歯なので、ご自分の歯に比べたら100%ではありません。

患者さまの中には、ご自分の歯と同じように違和感がない。入れ歯とは思えない程・・・とおっしゃる方がいらっしゃるのは事実ですが、すべての方が必ず同じように感じるわけではないので、一応お伝えしたいと思います。

慣れはどの入れ歯であっても必要です。

フレキシブルなやわらかい入れ歯は、見た目はいいかもしれませんが、しっかり噛むことができないので、顎関節症などの症状になりやすいです。

きちんと噛める入れ歯でなければ顎関節を守ることはできませんし、食事も楽しめないと思います。


■関連記事

入れ歯無料相談 >>>

入れ歯に関する質問ページ >>>