入れ歯の上あごの土台は取れるのでしょうか?-東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

稲葉歯科医院は、患者様に合わせたオーダーメイドのドイツ式入れ歯治療を提供しております。

TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談
TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯の上あごの土台は取れるのでしょうか?

入れ歯の上あごの土台は取れるのでしょうか?

A.上の歯がすべてなく、総入れ歯を作りました。しばらく練習しましたが、入れていると吐き気がして使う事ができません。
上あごの大きな土台がない入れ歯を作っていただくことはできるのでしょうか?

Q.上の歯が総入れ歯ということですね。
全体を覆う形になかなか慣れないということで、大変だと思います。

今の義歯は外れやすいのでしょうか?
動く義歯は違和感があります。
密着していて、上顎の部分が薄ければ違和感は軽減されると思います。

総入れ歯で、口蓋(上あご)を覆うことは、とても大事で、入れ歯の生命線となっております。
この部分をつけることで、噛む力を全体で受け止めることができます。
また、総義歯は辺縁封鎖と言って、空気が入り込まないようにすることで、
ウォーターフィルム現象を得る事ができます。
(ガラスとガラスの間に水を介在させることでピッタリとくっつく現象)
粘膜、唾液、義歯でウォーターフィルム現象を作るには、口蓋(上あご)を覆う必要があります。

以前治療をさせていただいた、患者様でお二人ほど、その場で嘔吐反応を催し、トイレに駆け込むぐらいの方がいらっしゃいました。
ですが、今は、お二人ともすっかり慣れてくださっています。

お話をいただいた時は、すでに慣れてしまってお忘れになってしまっているのですが、装着直後に強い嘔吐反応があり、とても心配したものです。

しかし、それでも大切な部位なので、削りませんでした。

もちろん心配だったので、1週間後にもう一度様子を見せてくださいとお伝えしたところ、数日後に「先生の言う通り、すっかり慣れてしまいました!大丈夫です。」

と予約の日にちを先に伸ばされたのを覚えております。

今まで沢山の人数の入れ歯を製作して参りましたが、全ての患者様に受け入れていただいていると思います。


口蓋(上あご)を覆わないタイプの義歯について、当院で作製はしていません。
長い目で考えて、毎日接着剤をつけて、噛めない義歯を使うより、最初頑張って練習していただき、その後ご自分の一部として快適に使って頂ける入れ歯を作る方が良いように感じます。

ご参考になさってください。

上あごの土台について、ブログにも記載しております。

入れ歯の上あごの土台を削ることはできますか?>>>


■関連記事

入れ歯無料相談 >>>

入れ歯に関する質問ページ >>>