保険の入れ歯で口元が老けた印象になってしまいました。 | 東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

稲葉歯科医院は、患者様に合わせたオーダーメイドのドイツ式入れ歯治療を提供しております。

TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談
TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

保険の入れ歯で口元が老けた印象になってしまいました。

保険の入れ歯で口元が老けた印象になってしまいました。

Q.上は総入れ歯、下は前6本自歯以外部分入れ歯です。
今までは保険で作っていましたが、いつも噛み合わせが沈み、今までの顔と違う顔になり、口元も老けた印象になり不自然でうまく話せず不満でした。
このような不満は解消できるものですか?

A.保険で作った総入れ歯は、出来上がりにムラがあります。
噛み合わせが沈んでしまったり、反対に高くなりすぎてしまったり、口元が凹んでしまったり、飛び出して見えたりなどです。

なぜなら、製作をする歯科技工士は、模型だけで判断するため実際に患者様と対面もしません。
以前どのような表情であったかなどの、細かいやり取りを行う手間ひまをかけずに出来上がってしまいます。

こちらの記事も一緒にご覧頂けたらと思います。
▼保険義歯との違い >>>


当院における、総入れ歯はシュトラックデンチャーというドイツの方法で製作しています。

患者様にお似合いの口元を、歯科医師、歯科技工士が共に協力し合い作り上げて行きます。

以前の口元に戻すだけではなく、内側からボリュームをだすこともできるので若々しい口元を取り戻す事ができます。

人工歯の色や大きさなども、ホワイトニングをしたような白さのものから、ご自身に合った様々な色から一緒に選んでいくこともできます。

保険で製作される人工歯は既製のプラスチック製で、天然歯のような固さや溝がないため、歯ぎしりすることが難しく、見た目にも入れ歯だ分かりやすいものになってしまいます。

保険義歯の場合、上下の型を別々に採ったものを、保険義歯専門の技工所に送ります。
技工士は患者様の姿を見ることなく、材料もなるべくリーズナブルなもので製作します。

この流れでは、口の筋肉の状態や歯肉の形状などは一切考慮されないため、吸着力が弱く、外れやすい入れ歯であることが多いのです。

一番大きな違いは、入れ歯を専門に勉強してきた歯科医師と製作する技工士の「知識と技術の違い」だと思っております。

老けたような印象も様々な方法により解決できると思いますので、ぜひ、ご相談いただきたいと思います。


■関連記事

入れ歯無料相談 >>>

入れ歯に関する質問ページ >>>