差し歯がグラグラで、インプラントができないと言われました。 | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ

稲葉歯科医院は、患者様に合わせたオーダーメイドのドイツ式入れ歯治療を提供しております。

TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談
TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

差し歯がグラグラで、インプラントができないと言われました。

差し歯がグラグラで、インプラントができないと言われました。

Q.3年前に前歯4本を差し歯にしたのですが、グラグラして具合が悪くて再度診察に行ったところ、かなり歯茎が弱っていて改めて差し歯は出来ないと言われました。
インプラントも検討したのですが、対応は出来ないと言われてしまったので、入れ歯になってしまうのかと悩んでおります。
一度、ご相談が出来ましたら幸いです。

A.前歯の差し歯、実はとても負担がかかっています。
前歯は、顎の動きをコントロールする非常に重要な役割をになっているため、噛み合わせが強すぎると、差し歯がとれてしまったり、割れてしまったりということが起こります。

このような現象を防ぐためには、前歯4本を連結して強度をつけること。
そして、適切な噛み合わせを作る事が重要です。

今回は、グラグラして歯茎が弱ってしまっているとのこと。
上顎前歯は、鼻の鼻腔とも近く、骨も薄いことからインプラントが難しい場所でもあります。

ブリッジをするとしても、隣の犬歯、そして小臼歯に負担がかかるので、健全歯で神経があることが大前提です。

小臼歯、大臼歯がすでに神経の治療がされていたり、ブリッジが入っている場合は、将来を見据えて全体的に考える必要があります。

入れ歯に対して、従来のイメージをお持ちの方が沢山いらっしゃると思います。
当院のリーゲルテレスコープという義歯は、取り外しができるブリッジの感覚です。

リーゲルテレスコープの中に鍵がかかり、ロックを解除すると、外れるような仕組みになっています。

取り外しができるということは、万が一支えている歯にトラブルが生じても、修理をすることができるということです。

一度相談にいらしていただければ、実際にご覧いただくこともできます。

不安なお気持ちもなくなると思いますので、ぜひ一度ご来院ください。


■関連記事

入れ歯無料相談 >>>

入れ歯に関する質問ページ >>>