前歯のブリッジ、何本まで可能でしょうか? | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院

稲葉歯科医院は、患者様に合わせたオーダーメイドのドイツ式入れ歯治療を提供しております。

TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談 line
入れ歯無料相談 mail
TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談 line
入れ歯無料相談 mail

前歯のブリッジ、何本まで可能でしょうか?

「前歯のブリッジ、何本まで可能でしょうか? できる限り入れ歯は避けたいので、可能な限りブリッジで過ごしたいです。」
 
もしかすると。
 
それは、長い目で見て、危険な選択かもしれません。
 
何故ならば、無理なブリッジにより、結果多くの歯を失ってしまうケースを頻繁に見るからです。

 

ブリッジが可能なケースは、失った歯の本数が2本、多くとも3本まで。
しかも、支える歯は神経があり、歯周病もない、強い歯であることが大前提となります。

 
特に前歯は、車で言うハンドルのような役割を担っているため、負担が大きく強固にする必要があります。
 
これ以上歯を失わないように、きちんとした治療計画と設計が必要となります。
 
残念ながら、歯を失ってしまった方へ、インプラントでもブリッジでもない、当院のテレスコープ義歯をご紹介させていただきたいと思います。
 


 
患者さまは40代女性。ブリッジ部分の歯茎が腫れてしまい、来院されました。
 
上の歯はほとんどすべてがセラミックで治療をされていました。
 
レントゲンを見てみると、向かって右側に6本連結のブリッジが入っており、すべて神経がない弱い歯でした。
 

 
拡大してみると、前歯の真ん中から、奥歯にかけて6本のブリッジが入っていました。
 
すべてが神経がない弱い歯であり、実際に外してみると残念ながら、粉々に割れていました。
 
上顎の真ん中から、向かって左側の歯をほとんど失ってしまったのです。
 
このような場合、改めてブリッジを行うのは不可能。
 
非常に難しいケースです。
 
保険適応の部分入れ歯では、一番前の歯にクラスプというバネがかかってしまいます。
 
あとは、インプラントということになりますが、骨が大変薄く、患者さまも希望されていらっしゃらなかったので、当院の入れ歯、テレスコープ義歯で治療をさせていただきました。
 
テレスコープ義歯とは、ドイツで開発された治療技術で、直接歯に被せる内冠、取り外しができる入れ歯(外冠)により構成されています。

 


 
まずは被せ物をすべて取った模型です。

 


 
弱い歯をすべて繋ぎ止め、グラグラしないようにしっかりと固定します。(内冠)

 

リーゲルテレスコープ
 
その上からリーゲルテレスコープ(外冠)を被せます。
 
上顎の金属床がポイントとなります。
 
すでに沢山の歯を失い、残っている歯も神経がない弱い歯のため、できる限り歯の負担を少なくするために考えられた方法です。
 
上顎の硬い部分を利用し、歯を揺らさないようになっています。

 


 
内冠と外冠の着脱は、入れ歯の中に小さな鍵がかかるため、鍵を開くと入れ歯が外れ、閉じるとブリッジのように固定されます。
 

 
今回、使用した金属はコバルトクロム合金。
 
体にも安全で、強度もあり、薄く仕上げることができるため、審美的にもブリッジと同じようにすることができます。
 

 
歯を失った部分は、ピンク色の床をつけることで、顔の凹みを膨らませることもできます。
 
また、床は、残っている歯への負担も分散させるため、できる限り守ってあげることもできます。

 


 
ピンクの床は、見えることはなく、美しさと、機能性を取り戻すことができました。

 

ブリッジですと、被せてある歯に何かトラブルがあったとしても、取り外しができません。
 
しかし、テレスコープ義歯ですと、取り外しができるため、修理ができます。
 
また、ピンク色の床や金属床をつけることができるのも、利点とも言えます。

 
もし、ブリッジをするには、負担がかかりすぎると思われる方がいらっしゃいましたら、一度ご相談にいらっしゃっていただきたいと思います。

 
こちらの記事も合わせてご覧ください。
 
ブリッジで治療ができないと言われた方へ
 

 

 

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る

前歯のブリッジ、何本まで可能でしょうか? | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院