前歯のブリッジが斜めに下がって見える〜原因と治療方法について〜 | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院

稲葉歯科医院は、患者様に合わせたオーダーメイドのドイツ式入れ歯治療を提供しております。

TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談
TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

前歯のブリッジが斜めに下がって見える〜原因と治療方法について〜

前歯の差し歯やブリッジが斜めに下がって見え、今にも外れてしまいそう。
 
というご相談をお引き受けしました。
 

 
患者さまは50代女性です。
 
全身を観察すると、歯の傾きに合わせて肩や腰の位置、顔まで傾いているように見えました。
 
特に顔の形は、左右のバランスが違って見えました。
 
お口の中を見させていただくと、左は奥歯が全てない状態で、右側だけで噛んでいらっしゃいました。
 

前歯の差し歯やブリッジが傾いてしまう原因
 
奥歯は、かみ合わせの高さを保つ役割をしています。
 
奥歯を失ってしまうと、前歯に負担がかかり、下の歯が上の歯を突き上げてしまい、次第に前歯が動いてしまいます。
 
したがって、前歯が傾き、左右のバランスが取れなくなってしまうのです。
 
そこで、当院では、左右の高さやかみ合わせが均等になるように、体の軸から平面を整える治療を行いました。
 

 
具体的には、フェイスボウトランスファーという、体の中心軸に対して、噛み合わせの傾きを調べる方法です。
 
当院では、すべての患者さまに行わせていただいている、基本中の基本である診断方法です。
 

 
上顎は、前歯がグラグラで保存することができなかったため、レジリエンツテレスコープというドイツの入れ歯で治療。

 


 
下の歯は、コーヌスクローネという、やはりドイツで開発された方法で治療をさせていただきました。
 

 
装着当初の口元のお写真ですが、左右の傾きが均等に保たれ、かみ合わせの平面も整えることができました。
 
かみ合わせは、全身のバランスに関係します。
 
左右対称に整えることで、口元の筋肉も均等になり、かみ締める筋肉に張りが出るため、美しい口元を取り戻すこともできます。

 
前歯の傾きが下がってしまい、気になる方は、診断から始めてまいりますので、お気軽にご相談いただければと思います。

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る

前歯のブリッジが斜めに下がって見える〜原因と治療方法について〜 | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院